占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:73 hit、合計:2,999 hit

#96 ページ1

大貴side



Aが産まれて半年。

街ではクリスマスで賑わいモードだった



涼「もうクリスマスか」

大「Aにとっては初めてのクリスマスだね〜」

涼「そっか。そうだな〜」

大「サンタさんの服着せたい笑」

涼「いいね!今から買いに行こ!」

大「今から!?いいけど笑」



なんて言う涼介の運転でお店に向かった。

お店について歩いてると抱っこ人の中にいるAが手足をバタバタさせてて

大「ふふ、どうしたの笑」

涼「久しぶりに外に出れて嬉しいんじゃない?」

大「そっか嬉しいのか!!」


なんて話をしながら服を買った


大「結局サンタさんとトナカイ両方買っちゃったね笑」

涼「いーの!」

大「そっか笑」

涼「ほら、帰るよ!」

大「ぇ、もう帰るの!?アイス食べたい!」

涼「今真冬だよ??体調崩しちゃったらどうすんの!」

大「大丈夫だって!お願い!」

涼「仕方ないなぁ…」


そうアイスを買ってくれました!笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

季節感おかしいですけど気にせず読んでいただけたらと思います(´๑•_•๑)

#97→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
380人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:羽琉 | 作成日時:2021年10月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。