占いツクール
検索窓

転生云々、まあそれは分かる

在り来たりな設定や前世を終えて目が覚めると何時の間にか「うわ、転生してる。」と自覚するあれね、そうきっと…


まあどうせ悪役令嬢か、ヒロインか、モブでしょう


気付けば私の目の前には泣き止むことのない子供が1人、だだっ広い草原に座り込んでいました





「…えーっと…?」





現状理解、させてください。





______________


☆attention☆

某実況者様のお名前をお借りしておりますが、ご本人様方とは一切関係のない自己満足の二次創作となっています

ご本人様方に迷惑がかかる行為はお控え下さいませ

捏造、年齢操作、流血表現などを多く含みますので苦手な方はお控えください

誤字脱字、キャラ崩壊、拙い文章等は本当にすみません(先に謝罪のみさせていただきます)

没落令嬢の息抜き更新となります、ご了承くださいませ



※0がつくお話では【世界線】がまだ【安定】しておらず、プロローグなんだ、とご理解いただけますと幸いです。
(タイトル回収は1がつくお話から始まりますので暫しお付き合いくださいませ)※

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ラミ | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2021年1月6日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。