占いツクール
検索窓
今日:75 hit、昨日:178 hit、合計:158,201 hit

save41. ページ45

A『えと…俺はAやな。そっちが鬱先生、君らのキャラの差が激しすぎて脳が追い付けないのが現状。』









と言うとチーノはめっちゃ笑ってきたし、ショッピもショッピでため息をついてきた
え、なんで??









syp「…ったく、今日だけですからね。
Aも鬱先生もどうぞ好きなん頼んでください、俺の奢りなんで。」









なんで?の疑問を浮かべていると更に上乗せして声をあげてきたショッピは奢ると言って俺たちにメニューを見せてきた
…え、お前はどんだけ優しい人なん??
チーノに奢らせよ??









ci「あー、俺に奢りという言葉はないんで!!俺が奢るなんて一言も言ってへんし、ノコノコ着いてきたんはそっちやろ?
ちゃあんと話聞かな騙されんで…俺みたいな奴にもな。」









怪しげに光る自身につけられた眼鏡をくいっと上にあげながらチーノは言った
…くっそ、こいつほんまもんの詐欺師じゃね?
まあでも…奢ってくれるなら食べるよな!!いただきます!!









A『…むむむ、チーノに奢ってもらうならいっぱい頼もうと思ってたのにショッピに奢ってもらうとなると少し遠慮してまうわ…』









ut「そやなあご主人…って言いながらもめっちゃ頼んでるやん!!」









あ、バレた?









俺の目の前に並ぶはステーキやらジュースやらパフェやら…ちゃうねん、ゾムのせいで大食いに覚醒してもうてん(小声)









ci「めっちゃ大食いやん…俺奢らんでよかったわ…」









お前!!聞こえてんぞ!!
俺の辞書に奢るなんて文字はない紛いの事言いやがって…こんど絶対奢らせたんねん…









syp「大食い…っすか。まあ気にせんで食べてくださいよ。…こんなんで、_______から。」









…?









最後の方がよく聞こえなかったが、気にしないで食べていいとのこと。









…俺はちゃんと全部綺麗に食べきりましたぜ(ドヤ顔)

save42.→←save40.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
636人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 男主 , 我々だ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ラミ(プロフ) - mo4さん» コメントありがとうございます…!!そういってもらえてなによりです!!このあとから物語が動き始めるので、楽しんでいただけると幸いです (10月10日 21時) (レス) id: 2cc5a20b51 (このIDを非表示/違反報告)
ラミ(プロフ) - すこさん» いえいえ、もう更新するという事が日課になっていますので…。狐はもうこの人だと最初に決めていたので、そういってもらえてうれしいです。 (10月10日 21時) (レス) id: 2cc5a20b51 (このIDを非表示/違反報告)
mo4 - あ…好きです(唐突の告白) (10月10日 7時) (レス) id: c8f50611df (このIDを非表示/違反報告)
すこ - きつねと聞いた瞬間からmnちゃんかなと思っとりました!ぴったりすぎてやばいっす頑張って下さい!(更新頻度高くて凄いっすね) (10月7日 23時) (レス) id: 73c5ecbfda (このIDを非表示/違反報告)
ラミ(プロフ) - 神音さん» あっ、すみません!!変更した筈なのですが表記でそうなっているのかもしれません、今一度ご確認宜しくお願いします!!コメントありがとうございます、これからも宜しくお願いします〜 (10月6日 13時) (レス) id: 2cc5a20b51 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ラミ | 作成日時:2019年10月1日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。