占いツクール
検索窓
今日:524 hit、昨日:637 hit、合計:8,625 hit

それから人形に【閲覧注意】 ページ5

どのくらいたっただろうか。

彼の艶かしい声と生々しい音を聞きながら、吐き気を必死に堪え続けた。

目を閉じ、必死に聞かないフリを続けた。

そして...声と音が聞こえなくなった。

ただ、彼のイヤらしい息づかいは今だに聞こえている。

「会いたい...旅人さん...会いてぇなぁ...」

彼はそう呟くと、奧のアトリエへ入っていった。

Aは彼がアトリエに消えたのを見ると、即座にカウンター裏から飛び出て、店を後にした。

大通りに出て、人に紛れて始めて安堵の息が漏れる。

太陽の光が妙に暖かい。

Aはあの問屋を探した。

あの店を知っているなんて。

もしかしたら、彼にまつわる何かを店主は知っているかも知れない。

しかし...

問屋だった場所に店などなかった。

その部分だけ、始めから何もなかったかの様に空いたスペースになっていた。

隣の店の女店主に話を聞くと、『そんな店もとからないわよ』と笑われてしまった。

Aは逃げるようにバザー街から出た。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aは店から出るとき気づいていなかった。

店から出るのに必死で。



アトリエのドアが本の少し開いていた事を。

人形師がそれを見ていた事を。

そして、笑っていた事を_______



彼はカウンター裏の床に触れると興奮したような笑みをこぼす。

床に指を馳せ、Aを思い浮かべる。

ここで、旅人さんは、Aは、俺の自慰を見て、聞いていた。

それも、俺に怯えながら。

「可愛かったなぁ...何度襲いたくなったか...でもそんなことしたらAの質が落ちるんだよなぁ...」

人形師はうっとりとした溜め息をついた。

そしてズボンの中に手を入れ、また下半身の猛りに触れる。

彼の体がピクリと震え、口から嬌声が漏れる。

「A...AAAAAAAA...!!」

声は繰り返しAを呼ぶ。

最早それは、無意識だった。

動かす手は速くなり、声はだんだん大きくなっていく。

そして、一際体を震わせて彼は達した。

手に生暖かいものを感じながら彼は目を閉じた。

自身の手についた白濁液を舐める。

それが、Aの血なら最高なのに。

不味いこれと違ってきっと甘美で美味しいだろう。

Aを捕まえたらまずはその血を啜ろうか。

吸血鬼の様に首から...
自分の物だという印をつけながら。
あの美しい肌に舌を這わせながら。

それから人形にしてやろう。

人形師は涎を垂らして笑った。

後悔→←旅人さんの【閲覧注意】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (70 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
97人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , ファンタジー , グロテスク , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メリア - ゆうえんちの小説も書いてほしいです! (7時間前) (レス) id: 3bc89f1424 (このIDを非表示/違反報告)
レイア(プロフ) - ちょちょちょォォォォォ!!!? 真名!? 人形師サイコパス!!!!! でもそこがいい! イケメン!!!!!(最早狂気(?)が移った人←) (7月16日 21時) (レス) id: 308d0f6bf9 (このIDを非表示/違反報告)
ルヴァンネ(プロフ) - しあ。さん» ありがとうございます!次は完成しだい載せたいと思います。 (7月16日 13時) (レス) id: d6627a81ed (このIDを非表示/違反報告)
しあ。(プロフ) - お疲れ様でした! (7月15日 22時) (レス) id: 3344a8c17f (このIDを非表示/違反報告)
真鈴(プロフ) - 「まさか、、、まさか、、、お前らグルだったのか!」って叫びそうになりましたわ (7月11日 22時) (レス) id: c25770e99b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ルヴァンネ | 作成日時:2018年6月20日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。