占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:7 hit、合計:19,084 hit

12 ページ13

北『そうか…。』

横『明日は7人で仕事だからその時にまた話そ。』

明日はメンバーに会う日。

藤『そうだな。』

二『俺調べてみよっと』

千『俺も調べる。』

『うん。明日』

ブレスレットを聞かれるって…。

あの噂が流れた頃かもしれないな。

画像を見ながら、このブレスレットは誰のモノなんだろう?

もし、Aという子のモノで、それが俺の知ってるAだったら…。

右腕のブレスレットを眺めながら考えていた。




デビューして2年目の俺の誕生日に、

「あのさ、裕にはシンプルすぎかも…って思ったんだけど…プレゼント。」

微笑みながらAがくれたブレスレット。

それは、3つのリングが絡まりあうもの…。

「Aも欲しくなったんじゃない?」

俺がからかうとAは左腕を見せて、

「うん。欲しくなって買っちゃった。」

俺はお揃いのブレスレットが嬉しかった。

13→←11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
51人がお気に入り
設定キーワード:Kis-my-ft2 , 玉森裕太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:saryu | 作成日時:2020年4月5日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。