占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:237 hit、合計:84,283 hit

ページ46

『全部壊したいくらい、大嫌い。』



恐ろしいほどに冷たい声で、いい捨てた。


ローヒールの踵を鳴らしてゆっくりと近づいて、俺の前でぴたりと止まる。

見下ろされるような形となり、Aは蔑んだ目で睨みつけるようにこっちを見た。



その目。


フードのアイツとそっくりじゃねえか。


まるで血を煮詰めたような暗い目は、かつて面影を残してはいない。



____カツキは凄いね


そう言って笑ったお前は、もう…



「お前はなんでそんなにヒーローを恨む」


『なんで?なんでだって。
今の聞いた?弔?』


彼女は笑う。狂ったように笑う。

楽しそうに、愉快そうに、思いっきり。



「、おい」


『ああ、ごめんね。
可笑しすぎて笑っちゃった』



鼻で笑って言い捨てる仕草は、刺すように冷たい目は、USAで見た死柄木そっくりだった。


『昔からヒーローに憧れ続けてたカツキには分からないよ。絶対。』



なんでお前はそれまでに俺を拒絶する。

ヒーローを拒絶する。


その憎しみはどこから来る。



「テメェは、誰だ」


『A。私はAだよ。
よく知ってるでしょ?』



バーの照明が、紅い瞳に反射した。

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
105人がお気に入り
設定キーワード:死柄木弔 , ヒロアカ , 僕のヒーローアカデミア   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

通りすがりの少女 - 読んでてすごく面白いと思いました。これからもがんばってください! (8月6日 2時) (レス) id: e0a9634d23 (このIDを非表示/違反報告)
のえたん(プロフ) - 幸哉さん» コメントありがとうございます!甘い展開というよりかはストーリーメインなので、これからも楽しんで貰えたら嬉しいです! (5月9日 22時) (レス) id: ee02f97984 (このIDを非表示/違反報告)
幸哉(プロフ) - あれ…?死柄木推しじゃないのになぜか読み進めてしまいます…! (5月9日 22時) (レス) id: 809d850eff (このIDを非表示/違反報告)
のえたん(プロフ) - akuaさん» ありがとうございます。とても励みになりました(^^) (5月9日 15時) (レス) id: ee02f97984 (このIDを非表示/違反報告)
akua(プロフ) - この作品大好きです!低評価なんて気にしないで頑張ってください!! (5月9日 15時) (レス) id: 00971fdcab (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:のえたん | 作成日時:2018年10月28日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。