占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:154 hit、合計:67,445 hit

14 ページ14

雄也side





携帯持ち込みOK、でも校内では使用禁止。





そんなケチ臭いルールに
やたらここの教師は厳しくて

今日の休み時間の廊下で見事に見つかり
俺の携帯は軽やかに没収された。





…もうこれで何度目だっけな、





光「お前またかよ笑」





宏「帰り職員室取りに行くの忘れたか」





雄「まじ、最悪…」





朝も職員室、帰りも職員室なんて
…我ながら自分が情けない。





そもそも「使用禁止」と言ってる割には
テスト前になれば範囲表が各教科一枚、
それぞれ教室に貼ってあるだけで、

もちろんそれを真面目に写す奴もいないから
結局、先生が教室を出た隙に
こっそり写真撮って送り合うのが当たり前で。





それも知ってんのか、いつも先生は
早めに教室を出て俺らに隙をくれちゃうところ、

そこまでしてくれんなら最初から
許しとけばいいじゃんって思っちゃうよね。





雄「とりあえず取りに戻ってくる!」





宏「俺らも行く?」





雄「どっちでもいー」





あれないと色々困るし…、
ため息をつきながら来た道を
振り返って学校へと走り出せば。





雄「───あ。」





ふわりと、きのこ頭を揺らしてる
今朝の「伊野尾くん」が目に入った。





伊野尾くんはその隣を歩く
元気そうな奴になにか話したあと、
そっと俯いた顔を上げて…





雄「…」





その視線が俺と、ぴたりと重なった。





.

15→←13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (135 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
375人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Jasper | 作成日時:2019年7月20日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。