占いツクール
検索窓
今日:2,949 hit、昨日:9,774 hit、合計:873,209 hit

第43話 ページ46

.



夜、ふと目が覚めて、周りを見れば眠る3人。

…そうだ、鬼の気配もないから体力回復の為に普通に寝てたのか…。



『(……鬼狩りしてるはずなのに…これじゃ本当に…)』



隣で寝てた伊之助の布団を戻してやっていると、ギシ…と軋む音がした。

…誰かこっちに来てる…のか…?

何となくそう直感(・・)し、炭治郎の肩をそっと叩いた。



「ん…?」

『しー…』



日輪刀を手にし、炭治郎と刀を構えていれば、足音は部屋の前で止まった。

そして、ギッ…と扉が少し開いた瞬間、飛び出す。



「ッ!?(速…っ!!)」

「ひっ…!」

『…部屋に何の用ですか、おばさん』



手に持っていた包丁を弾き、腕を捻りあげて刃を向ける。



「は、離しなさい!」

『目的は何ですか?』

「うるさい!」

『誰の指示ですか?』

「そんなの受けてないわ!」

『…質問を変えます。"どんな鬼"ですか』

「知らないわよそんなの!」

『……わかりました。なら、死んでください』

「ーーッ!」

「A!!!!」



トンっ、と柄でおばさんを眠らせると、ホッ…と安堵の息を零した炭治郎。



『本気で殺すと思った?』

「いや、そういう匂いではなかったから心配してなかったけど…刀を振り上げたから思わず…」

『…ごめんね』



おばさんを端へ寝かせ、羽織を着て日輪刀を腰に差す。



『炭治郎、善逸と伊之助が微妙に目を覚ましてるから、ちゃんと起きてからでいい。匂いを辿って来てくれる?』

「え!?1人で行くつもりなのか!?待ってくれ!おい!善逸!伊之助!」

『平気だよ。…嫌な雰囲気が漂ってるの。早く行かなきゃ、皆が危ない』



先に行ってるよ。と飛び出し、外へ出れば蔓延る鬼の気配。

…いる、確実に。そして、その鬼に支配されてる。



『(街の皆は…心も廃れていたんだ…だから…あんな……)』



自然と足が向かった先には、6年経った今も、まだ綺麗に残った自分の家。

…"外"は、綺麗なまま。

戸に手をかけ中へ入ると、埃や蜘蛛の巣だらけになっていた。でも、家具などはそのまま残っていた、血の跡も、薄らと。



『…時間が…止まったまま…』



ふと、顔を上げれば蘇る記憶。

…あぁ、お父さん、お母さん、お姉ちゃん…会いたい、



『…会い、たい……』

「愚かな人間だなぁ…」



スパン…!

第44話→←第42話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (374 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
960人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。