占いツクール
検索窓
今日:2,159 hit、昨日:6,115 hit、合計:903,497 hit

第20話 ページ22

.



「やだなあ。バレちゃった」

『……』



氷霧で姿を眩ませた後、垂氷で空を攻撃すれば"空間"が壊れた。



「無事だったかA」

『はい、すみません。足を引っ張って…』

「何を言う!俺も先程アレから出たところだ!」

「あーあ…2人とも出ちゃったなあ…どうしようかなあ」



ニヤリと笑う鬼に攻撃態勢を取る。



「まあいいよねえ。また閉じ込めちゃえば」

『氷の呼吸 弐ノ型 垂氷』

「炎の呼吸 伍ノ型 炎虎」



血鬼術を攻撃で相殺すれば、鬼の姿がなかった。



『(消えた…?逃げたか…?いや、でもまだいる"感じ"がする…)』

「…こっ、ち…」

『!』

「こっ、ち…だよ…」

「?A?そっちに居るのか?」

『えっ、あ、はい、多分…』



…そうか、あれも霊か…煉獄さんには見えてないんだ…。

男の子の指さす家屋へ向かえば、居るよ。と言ってくれる男の子。



『ありがとう、教えてくれて』

「…ぼく、えらい…?」

『うん!偉い偉い!』



よしよし、と頭を撫でてあげれば、ふにゃりと笑って消えた男の子。



『ありがとう……』

「…誰か居るのか?」

『はい…あ、私第六感がいいんですけど…霊も時たま見える体質みたいで…。小さな男の子が、ここに鬼が居ると言ってました』

「そうか!それはその少年に感謝だな!」

『!…はい!』



…やっぱり、煉獄さんは素敵な人だ。

と、改めて認識したところで、戸を開け中へ入れば、そこら中に転がる人…。



『…下衆が…』

「行こう」



血塗れの廊下を歩いていれば、ビリビリと感じる殺気。

そして、



「さあ、遊ぼうか」

『えっ?わっ!』

「A!」

『煉獄さん!』



互いに手を伸ばすも、あともう少しというところで空を切り、私は床下へと引きずり込まれた。

――どぽん、と何処かに吐き出されたかと思えば、8畳程の部屋。

…なんだここ…何もないけど…鬼の気配はするな…。



「君一人なら、僕でも倒せそうだよねえ」

『!舐めんなよ!』



振り返り刀を振るも姿はなく、声しか届かない。



「事実を述べるだけだよお、僕は。君はあの柱の男が居ないと不安で堪らないだろお?早く合流したいだろお?」

『……』

「…独りで戦うのって寂しいよねえ。死ぬ時独りだもんねえ」

『……』

「…何とか言えよ」

『(やっぱり…!)』



コイツの言葉に反応しちゃいけないんだ。ただの挑発だと思えばいい。落ち着け、何処に居るか見極めろ。



「居るよ…」

『!…ありがとう』

第21話→←第19話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (377 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
976人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。