占いツクール
検索窓
今日:1,715 hit、昨日:6,115 hit、合計:903,053 hit

第15話 ページ17

.


胡蝶に用があって屋敷に来たが、本人居ねぇし無駄足だったと舌打ちをしながら縁側を歩いていれば、ふと目に映ったのは上品な着物を着た女。



「(…なんかどっかで…)」



ふぅ…と息を吐き、じっと雪を見つめるその女。



「(別になんてことねえ、地味な…)」



女…。

ゆっくり振り返り、俺を視界に入れれば、キレイ。とただポツリと呟いたソイツ。

は?と思わず声を漏らせば、我に返ったのか、顔を赤らめて必死に謝ってきた。



『す、すすすみません!!あの、違うんです!』

「…あぁ、お前氷柱か」

『はひっ!ひゃい!』

「なんだ"ひゃい"って舐めてんのか」

『滅相もございません!!』



…黙ってりゃいいんだがなコイツ。

とは口にせず、こっちに来い。と手招きすれば、ビクビクしながらこっちに来る氷柱――名前は…



「A」

『は、はい!なんでしょう、て…、宇髄…さん…』

「今日暇だな?」

『えっ、あ、まあ…』

「じゃあ、」



付き合え、と手を引き歩き出せば、どちらへ…?と恐る恐る聞いてくるA。



「吉原」

『……私を売るつもりですか?』

「派手にぶっとばすぞ」



* * *



「奥さん、この定食2つ」

「はいよ!」



ちゃっちゃと注文を済ませてしまった天元さん。てか…



『(やっぱ顔綺麗過ぎるわ。何なのほんとこの人…カッコよすぎか無理…)』



…って、そうじゃない。何で私は吉原の和食屋に天元さんと来てるんだ??



「さっきから何だ。顔になんか付いてるか?」

『いえ…その、何故私を連れてこんなところに…?』

「ここの飯うめェからな」

『そうなんですね…。ってそうではなく…何故私を?』

「…時透が随分気に入ってるみてぇだから、どんな奴か気になった」

『…な、成程』



時透くんのお気に入り、という言葉にニヤリとしそうになりつつ、堪えていればご飯が運ばれてきたのでいただくことに。



『!美味しい!…です!』

「はは、そうかよ」



はじめは食べれるかなと思っていたが、あまりの美味しさにぺろりと食べ終えれば、行くぞ。と再び天元さんに連れられる。

辿り着いた先は、



『す、凄い…!吉原が一望出来る…!』

「だろ?俺と嫁しか知らねえ場所だ」

『ひぇっ…そ、そんな場所に…いいんですか…?』

「…何でだろうな」

『??わわっ…』



頭をくしゃくしゃと撫でられ、なんですか!と顔を上げれば、フッと笑った天元さん。



『(やっば鼻血出そう…)』

「(すげー間抜け面…)」

第16話→←第14話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (377 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
976人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!嬉しいです(*^ ^*)更新頑張ります!! (6月24日 18時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 感動しました!炭治郎流石って感じです! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 凄いてんかいっすね! (6月24日 17時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)
たくあん(プロフ) - せりりんさん» コメントありがとうございます!更新頑張ります!(*^^*) (6月22日 11時) (レス) id: 17eabedad2 (このIDを非表示/違反報告)
せりりん(プロフ) - 面白いです!私の推しは炭治郎と善逸なので!更新待ってますね! (6月22日 10時) (レス) id: 60b1ee46a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たくあん | 作成日時:2019年6月12日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。