検索窓
今日:36 hit、昨日:66 hit、合計:341,312 hit

ページ33

『つか三人して突然何だよ』

本格的に面倒くさくなったのか、引っ付く国見を無視しながらAが怪訝そうに口を開く。Aの頭に顎を乗せたままくわぁっとあくびをする国見を見て心の底から思う。あれ、マジでお前そんな無防備な奴だっけ。


「Aが彼氏作るとか言うからさ〜」

松の言葉にAはため息をついて言った。

『んなすぐに作れるわけねぇだろ。可愛くなんてなれねぇわ』

口だって悪いしな。なんてAはふて腐れたように呟いた。

あれ、自覚あったんだ。…って今更だけど何でコイツこんなに口悪いんだろ。


『…それに』

遠くに飛ばしかけた意識がAの言葉で引き戻される。まぁいいや。また岩泉にでも聞いてみよう。


『…今はお前らで手一杯だからな』

「「「!!」」」

そう言って呆れたように笑うAに俺らは揃いも揃って目を見開いた。俺らの前では滅多に笑わないくせに。これだからAは。これだから俺らのマネージャーは。これだからこれだからこれだから


「好きいいいいい!!」

両手で顔を覆いながら思わず天井を仰いで叫ぶ。


「花が及川になったww」

『及川二人なんていらねぇわ』

「うるせぇな!!ちょっと血迷っただけだろ!!」

『あっそ。血迷っただけなんだ』

「嘘です。叫んだのは血迷いましたが言ったことは本心です」

『まぁ知ってるけどな。

…お前らが私の事好きだって事くらい』


Aがそう言った瞬間。

松はそっぽを向いて照れくさそうに頬を掻き、国見はAの肩に顔をうずめ、俺は少しだけ頬を赤くした。
 
松と目を見合わせ困ったように笑い合う。


これだから。


…俺らのマネージャーには敵わない。

巡り会い、二つ。→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 青葉城西   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨音(プロフ) - 麗さん» 二つとも見落としていました…。訂正いたしました、ご指摘ありがとうございました!! (2020年8月24日 23時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 25ページの「」だと思う部分が『』になってます。 (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 21ページの「あーコレ?、、」なんですけど、多分『』だと思います。話の前後的にも (2020年8月24日 18時) (レス) id: 411fa15fdd (このIDを非表示/違反報告)
雨音(プロフ) - しのぶさん» コメントありがとうございます!!そう言っていただけてとても嬉しいです…(*T^T)これからも男前な夢主ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします\(^-^)/本当にありがとうございました!! (2020年7月6日 20時) (レス) id: 57a2e7dd63 (このIDを非表示/違反報告)
しのぶ - なんて、男前な夢主なんでしょう。 とても素敵な作品だと思います。これからも頑張って下さい。 (2020年7月6日 16時) (レス) id: 399359edd6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雨音 | 作成日時:2020年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。