占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,635 hit

登録はEarth ページ22

ようやく指紋認証の登録に成功したところで

「LINEやってますか?」
と聞かれた。

「LINE?ううん・・やってない」

「LINE便利だからアプリ入れときます」

左の指がさくさく動いて操作していく
左利きなんだ・・・
そう思っていると

「はい。」
Earthが私にiphoneを手渡した。

「こうやって振ってみてください。」

彼の真似をしてiphoneを振った。
「こう?」

なんだか訳がわかんないけどひたすらiphoneを振ってみた。

「Aさんって・・・なんか・・・可愛いいんですね・・」

「今、年のわりに・・って言おうとしたでしょ」

「そんな事思ってませんよ。いやマジで。そんなホッペふくらまして言ったりするの
ローラみたいだし」

「ローラ?my friend?」

「ああ・・そっかNY帰りだもんね。your friendのローラじゃなくて
テレビに出てるローラ。知らないか」

彼はまた「ふふふっ」と笑った。

なんだかEarthの笑い方がとてもチャーミングで私もつられて笑ってしまった。


「登録できました?」
私のiphoneを手に取って確認してくれた。

「ん??俺ってEarthって登録になってます?」

「あ、そうそうEarthってあなたの事」

「なんでですか?」

「だってほらあなたの名前って智久でしょ」

「うん・・そうだけど・・なんでEarth?」

「ちきゅうだから」

「チキュウ?」

「ちきゅうって読むでしょ。音読みで」

「あ?ああ!!なるほど!そうだね!そっか!
今まで気がつかなかったよ。地球かぁ!なんかいいじゃんワールドワイドで」

思いがけなく気に入ってくれてちょっとホッとした。

「じゃあさこれから俺のことアースって呼んでもらえますか?」

実はもうそう呼んでるんだけど・・・心の中でそうつぶやきながら
「ん〜どうしようかな・・・おばあちゃまみたいに”ともくん”って呼ばせてもらおうかなって思ってたの」ちょっとからかうように言ってみた。

すると彼はさっきの私の真似をしてほっぺをふくらませた。

「じゃあ山Pって呼ぼうかな」

彼はほっぺをふくらませたまま首を横に振った。

「普段はなんて呼ばれてるの?」

「トモ・・とか。智久とか。」

「呼び捨てでいいかしら?私が・・」
実は今だってEarthって呼び捨てにしてるけど・・

「あっちってみんな呼び捨てでしょ?」

たしかにNYにいた頃はそうだったけど・・・

アイドルのあなたを慣れ慣れしく「トモ」とか「智久」とか呼んでいいものなのかしら・・
私はただ曖昧に笑ってごまかした。

Earthから電話→←指紋認証



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luna - 実はリリーさんの事結構観察してますのん(笑) (2014年2月11日 1時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
ひでみん(プロフ) - りりーさん、中々いい事言うわ(笑) (2014年2月8日 1時) (レス) id: 5e098d8614 (このIDを非表示/違反報告)
Luna(プロフ) - ともさん» ともちゃん♪感想ありがとう!! (2014年1月30日 21時) (レス) id: 9794dabceb (このIDを非表示/違反報告)
とも - 設定がいいわあ!次が楽しみー (2014年1月29日 19時) (レス) id: 4f5cef5ee4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Luna | 作成日時:2014年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。