占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:13 hit、合計:51,106 hit

▶07 ページ9

.





真「Aちゃんどうしたの?!」

『なぜここに来たことを知ってるんだ君は』



保健室に着き、大袈裟な手当てをしてもらっていたら、綺麗で透き通るような白い髪が揺れた


相川くんがなぜか保健室に来たことを知っていて心配して来てくれた?


…ん〜ちょっとよくわからないなぁ←



真「とーぜんだよ僕はAちゃんの事なら何でも知ってる!」

『それはそれでこわい相川くん…』

聖「僕も怖いですわぁ」

雅「怖いなぁ」

真「殴りますよぉ??」



でた、相川くんの裏の顔

ゲス川!!!!


真「某ゲスの極みなバンドのボーカルみたいに言わないでくれる??」


確かに自分で言っててうまいかも、ってちょっと思った!!←



『まぁ心配ありがとう相川くん。大丈夫だから』


とりあえず来てくれたことには嬉しかったから笑顔でお礼を言った。


…はず



真「え?僕と結婚したい?いいですよしましょうか」


『どうしたらそう捉えられるのかな???』



相川くんはたまに思考がおかしい。


クラスメイトの前ではこんなことないのになぁ…


生徒会のメンバーの前だといつもこんな調子なのちょっとショック!!!


『私の中での相川くんの天使設定が…』

真「なんで僕が天使なの?天使はAちゃんでしょ?」



1人悲しみに打ちひしがれて(笑)いると真冬くんはドアを閉めて私へと歩いて来て、隣の椅子に座る



聖「…なぁ相川くん今の状況わかる?」


ついさっきまでテキパキと手当てをしてくれていた船本先輩は、終わった片付けをしながらいつもより低い声のトーンで相川くんに声をかけた。


真「…なんのことだかさっぱりです」


私もなんのことだかさっぱりです(真顔)


でも確実に2人の間に険悪な空気が流れてあることはなんとなくわかった。


お??取り合い??取り合いか???

月島先輩をかけた戦い???



「「なんでそうなるんだ」」



当の本人(月島先輩)は奥のベットで寝転がってイヤホンしてゲームしてますけど…どういうこっちゃ


『…お邪魔だったみたいなので私帰りますね』



また捕まらないように、今度はちゃんと助走をつけてダッシュで保健室を出た。

足?痛くないよ????




.

▶08→←▶06



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (116 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
311人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , AtR、浦島坂田船 , 天月、96猫、luz   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なおみ(プロフ) - 作者さんのタイミングで、書いてくださいね?いつでも待つので(≧∇≦)体調崩さないよう気をつけてくださいね!学校生活などなど、占ツクなど、頑張ってください!!.*・゚(*º∀º*).゚・*. (2018年4月12日 22時) (レス) id: 73e619451a (このIDを非表示/違反報告)
アイレ(プロフ) - 作者さん頑張ってください!!この作品が好きなので更新を楽しみにしてます! (2018年4月11日 22時) (レス) id: d34b40ce44 (このIDを非表示/違反報告)
栗山(プロフ) - ホルン吹きの変人@現アカさん» 神とは…(白目)そらまふはもっと甘くしてみる…つもりです……… (2018年4月9日 18時) (レス) id: 0cac728535 (このIDを非表示/違反報告)
ホルン吹きの変人@現アカ(プロフ) - リクエストかいてくれてほんとにありがとうございます(土下座)やっぱり神ですね(真顔)そらまふも楽しみにしてます♪ (2018年4月7日 13時) (レス) id: e1f495dfc8 (このIDを非表示/違反報告)
栗山(プロフ) - なおみさん» なおみさんいらっしゃいです〜〜!!笑ってもらえて何よりっす!!!!鬼ごっこ!!!!なにそれ楽しそ!!書きます!!!! (2018年4月4日 23時) (レス) id: 0cac728535 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:栗山 | 作成日時:2018年4月1日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。