占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:33 hit、合計:78,323 hit

18余所見 ページ21

「カナヲは、炭治郎の事好きなの?」

言い終わって、「やってしまった」と思った。

ちゃんと「好きだ」って言えば良かった。

やっぱり、返事が怖いんだなぁ、俺は。

「え、」

カナヲは、どうしたら良いのか分からないみたいで、慌てている。

「....無理に聞かないから、」

俺がそう言うと、

「..ううん、大丈夫」

決心した顔をする。

そして、一度大きく息を吸った後、カナヲは、言葉を発する。




「..あのね、私も、あんまり恋愛とかわからないの。そんな中、唯一分かることは、」

俺は、この質問をしたことを、









「炭治郎と幸への好きは全然違うの」








───一生、後悔する事になる。







「..そっか!」

俺は今、笑えているのだろうか。

辛かった。ものすごく。

だって、それはもう、炭治郎の事好きだと言っているのと同じじゃないか───。

「相談ならいつでも乗るからさ!じゃね」

「え、さ、幸?ちょっ、」

カナヲが何か言いかけていたが、最後まで聞く気になれず、半ば逃げてきた。

「はっ..はっ..」

すぐにあの場を去る。

少しでも長く居たら、きっと壊れてしまっていた。

「辛いなぁ、」

ボソッと、誰にも聞こえない声で呟いた筈なのに、

「何でいるの..」

美琴さん。

彼女は、何も言わず俺を抱き締めてた。

「私、意外と耳良いんだよ!






...だから、聞こえちゃった。ごめんね」



気をつかってくれる美琴さんに申し訳なさを感じる。

かっこわりぃな、俺。

そのあとは、しばらく美琴さんに抱き締められたまま、何かをする気になれなかった。

19余所見→←17余所見



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (129 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
189人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 男主 , 栗花落カナヲ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レイン - 遅くなりましたが完結おめでとうございます!!幸くんの最後の台詞にやられました!幸くん、男前やん。もうものすごいにやにやしてましたw気持ち悪いぐらいにwお疲れ様です! (5月28日 12時) (レス) id: 05e6c43b69 (このIDを非表示/違反報告)
ちゃんちゃんこ - お疲れ様です!別垢見つけたら絶対に作品見ます!! (4月28日 17時) (レス) id: cf6601d86b (このIDを非表示/違反報告)
かたつむり。(?)(プロフ) - 宙さん» 暖かいコメント、ありがとうございます‥‥。叩かれる覚悟で言ったのに、そんな優しい言葉をかけてくださり、本当にありがとうございます‥‥!涙出ます‥‥! (4月27日 22時) (レス) id: 40246c291e (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - つい最近まで小学生だったのかよ!!この作品好きです!こんなに書けるなんてすごい!! (4月27日 22時) (レス) id: a1083db659 (このIDを非表示/違反報告)
かたつむり。(?)(プロフ) - 千々さん» 合点だ。 (4月23日 22時) (レス) id: 40246c291e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かたつむり。(?) | 作成日時:2019年12月22日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。