占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:9,572 hit

二十話目! ページ21

夢主「マチッ…交代できるっ?」


マチ「ええ、大丈夫だけど」


交代


フェイ「ルーミアやつけたよ」


これで二人目か…後は強い二人


シャル「Aっ骨ヤバいよ!」


夢主「大丈夫だよ、ルーラなんかに手間取ってしまった方がショック」


ちゃっちゃと倒して霊夢のとこまで行きたかったのにぃ…


シャル「とりあえず応急処置はしといたから、あんま無理しないでよ?」


夢主「わかってるって、じゃあ前線行ってきます」


シャル「俺は状況を伝えとく」


夢主「それなら…『以心伝心(テレパシー)』フェイ、マチ、シャル、私」


夢主『マチ、フェイ、聞こえる?』


マチ『なにこれ…声聞こえる…』


フェイ『何したか』


夢主『私の能力だよ、この能力使ってシャルが指示とかするから』


マチ『了解』


シャル『そういうことか』


んじゃ前線いっきますか!

ヒュッ

高くジャンプしてーの

霊夢に奇襲をかける!


霊夢「っ結界」


ガキン


っく…流石だね…


霊夢「動き良くなったんじゃない?」


夢主「それは良かった」


シャル『A、気をつけて、霊夢はなんか隠してる』


夢主『了解』


マチ「ぐっ」


夢主「マチ⁉」


鎖が絡まって…クラピカか…

マチからオーラが見えないってことは絶状態か

でもあれは強い…制約と誓約か

伊達にS組名乗ってないね


バシッ


うぐっ…よそ見しすぎたかっ…

お祓い棒…まだなんか武器隠してるね…


霊夢「足一本」


ゴキッ


夢主「あぐうっ…」バタッ


立てない…右足の骨も逝ったか…

霊夢…桁違いに強い…


ザクッ


でも右手は使えるからっ

これでお祓い棒は折れたはず

隠し武器…出てくるか


霊夢「その状態からまだやるのね…相変わらず負けず嫌いね」


夢主「霊夢だって相変わらず容赦ないね」


霊夢「戦う相手には本気で挑むつもりで行かないとっていう礼儀があるのよ」


夢主「よく言うよ、異変の時たまにしか本気出してないくせに」


霊夢「まあね」


夢主『シャル、右足の骨逝った』


シャル『どんだけ怪我負うつもり?』


夢主『しーらない』


フェイ『鎖野郎はおわたね』


マチ『あの体制疲れる…』


夢主『霊夢はやらせて』


シャル『りょーかい』


夢主「霊夢、隠してる武器、出したら?」


霊夢「バレてたのね」


刀…斬れ味凄いぞ…あれ

斬るつもりだったのかな?


霊夢「斬るつもりはない、味方やられたし降参するわ」


夢主「かっ…た?」

二十一話目!→←十九話目!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 東方project , 学パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*三日月* | 作成日時:2018年8月18日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。