占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:971 hit

ページ4




誠とアズサは紅いカーペットが敷かれている、質素な廊下を歩いた。


何度も渡り歩いてきた廊下だというのに、今日限りでお別れになってしまうかもしれないという行き場のない気持ちが、アズサの心に響いている。

東雲家の三十七代目当主として、本当にこの地を捨てるのは正解なのかと不安の気持ちが募っていく。
妖としてはまだ半人前のアズサ一人が、この屋敷をまとめ上げたのだ。



誠は、アズサの不安な気持ちを微塵も知らない。



誠は、ある不安に脳内を支配されていた。
「行きましょう」の言葉以降、もうかれこれ五分は会話が行われていない。誠は気まずくなり、額に冷汗を浮かべた。


誠の頭の中では、自分より身分の高い令嬢に殆ど要件なしで話しかけてもよいのだろうかと試行錯誤している。





「……アズサお嬢様」



冷汗を顔に浮かべたまま、誠はアズサに話しかけた。声が若干上ずっている。


アズサは誠の感情を読み取ったのか、小さく溜息を吐いた。誠はアズサの溜息に驚いて小さく肩をはねた。




「何かしら?用件は手短にね」


アズサは遠くの一点しか視界に映していない。

口から吐き出された、生温いアズサの言葉が、長い廊下に反響していく。



誠はおずおずと口を開いた。



「……このまま、どうなってしまうのでしょうか。妖は、人間に気付かれないように共存してきました。しかし今回人間による自然破壊が行われたことによって、妖の一部は絶滅してしまうかもしれません」



不安な口ぶりだった。



「それでも」
「……」



アズサが立ち止まりながら言った。
誠は、視界いっぱいにアズサを映した。




・→←2:出航は夜明け前に



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:赤菊藍 , オリジナル小説 , 人外パロ , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

赤菊 藍(プロフ) - 旅人さん» そのような評価を頂き光栄です。この作品は色々と自分の可能性を広げようと試行錯誤しているものなので、やや更新頻度が遅めですが温かく見守っていただければ幸いです。素敵な感想ありがとうございました。 (1月13日 8時) (レス) id: cc808b1622 (このIDを非表示/違反報告)
旅人(プロフ) - 描写がはっきりとしていてとても読みやすいです…!更新楽しみにしています! (1月13日 1時) (レス) id: ec476d732d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤菊 藍 | 作成日時:2019年1月1日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。