占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:8 hit、合計:34,750 hit

見たくない過去の2 ページ38

過去の話が続きます
―――――――――――――――――――――――――――――――――


専門学校に入って半年。


うちの専門学校はデザインコンクールに定期的に出していて、私にとっても2回目のコンクールだった。


初出展の作品が佳作をとったこともあり、大賞の期待が周りからかけられていた。



私も一生懸命デザインして、締め切り前日までかけて服を作った。



コンクールは2日に分けて行われ、私は2日目だった。



1日目の作品を見るため、会場に足を運んだ。



そこには。


私と同じデザインをしたものが飾られていた。




なんども日程を見直したけど、私はどうみても2日目。

作品のそばに作者名があるんだけど、そこを見ると。


うちの専門学校先輩で、前回の大賞受賞者の名前がかかれていた。



『いやー…彼女の作品は前回もそうですがすばらしいですな』


『今回も大賞はこれに決まりだろう』



そんな声が聞こえる。



どうして?

どうやって?

なんで?


そんな言葉が自分のなかに渦巻いていた。



そのとき電話が鳴った。


コンクールの主催スタッフからだった。



告げられたのは「失格」



私が先輩の作品を盗ったことになっていた。


信じられなくて次の日会場にいったが、やはり私の作品はなかった。


先輩は大賞を連覇した。



ここまでならまだよかったの。


次の週、学校に行った私を待っていたのは、非難といじめだった。


『恥ずかしくないの!泥棒!!』



『あなたの作品は失格となります』



『最低だよ、あんた』



最後のは先輩の一言だった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
皆さんこんにちは。
作者のあいすです。

本編に関係ないので読まなくてもおけです。

本日、お気に入り登録数が50人を突破しました!ありがとうございます!

2日に1回の更新ペースですが、皆さんの応援のおかけでなんとかやっていけてます。

今回は過去編だけでアイナナたちと絡みがほとんどなく、申し訳なさすぎて更新を2倍にしました。

まだ甘い感じのものは出せていませんが、もうそろそろ一織くんがいい感じになってくれるはずです←

これからも頑張りますので、よろしくお願いいたしますー!

過去を振り払え→←見たくない過去の



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
98人がお気に入り
設定キーワード:アイナナ , アイドリッシュセブン , 和泉一織   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あいす(プロフ) - だまりん♪さん» だまりん♪さん初めまして!!最新話まで読んでいただけて大変光栄です!!ありがとうございますー(°▽°)これからも頑張りますのでよろしくお願いしますね! (10月29日 21時) (レス) id: 4ad8dbbe47 (このIDを非表示/違反報告)
だまりん♪(プロフ) - 初めまして!アイナナに最近どはまりして、トリップもの探していたらあいすさんの作品にたどり着きました!とても読みやすくかったので、最新話まで読破してしまいました(笑)大変だと思いますが、更新を楽しみに待ってます♪ (10月29日 20時) (レス) id: bc143844f5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あいす | 作成日時:2018年10月6日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。