占いツクール
検索窓
今日:149 hit、昨日:497 hit、合計:173,775 hit

*22 待っていたのは ページ22

*渡辺side*








結局あれからしばらくして目黒は起きた。

起きた、けど。







「 目黒さーん、 」

「 …ぁぃ。 」

「 歩けます? 」

「 …むり。 」

「 そうか。 」








そうか、じゃねーだろ俺!

180越えの奴どうやって帰すんだよ!






ふっかはラジオの収録があるって今帰っちゃったし

そんなの知らなかった俺はその数分前に

"先帰っていいよ"ってみんなにメッセージ送っちゃってたし。







残された俺は1人、おんぶか?お姫様抱っこか?の分岐点に立たされていた。

けど、絶対無理だ。

俺じゃまずおんぶしてやる身長が足りない。








頭を掻いていたその時









「 目黒どう? 」

「 ! 」







救世主が現れた。








……









「 うわ、待って照!足つきそう。 」

「 え、これでもダメ? 」







救世主の照と事務所前でタクシーを拾って

運良く俺が目黒の住所を知っていたおかげで

人目を避けて家まで送ることができた。








デカい照がデカい目黒をおぶって

その周りを走り回ることしかできない俺はなんだか犬みたいだったけど

ようやく。本当にようやくの思いで久しぶりに目黒の部屋の前に立った。









「 あ、鍵あるのかな。 」

「 たしかに。…めめ、鍵持ってる? 」





俺が聞けばコクコク頷く目黒。

もはや遊び疲れの子どもに見えてきた。





「 失礼しまーす。 」





持っていた目黒のカバンを開けて中を見ていたら






「「 ん? 」」






何やら中で走る音が聞こえて

その音が大きくなったと思った時には








「 蓮!! 」

「 いってぇ! 」

「 危ねー…。 」

「 ……あれ? 」








初めて見る女の子に

ドアKOをお見舞いされていた。






.

*23 この顔はたしか→←*21 頼ってほしい



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (212 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1354人がお気に入り
設定キーワード:目黒蓮 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

愛莉(プロフ) - ゆきのさん» ゆきのさん!ありがとうございます*。楽しみにしてくださり嬉しいです!ぜひまたお付き合いください〜(*^^*) (1月21日 21時) (レス) id: ada343b87b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきの(プロフ) - 第1章とてもお話に引き込まれました(〃ω〃)第二章はどう物語が進んでいくのか今から楽しみです(^^)これからも応援しています!! (1月21日 0時) (レス) id: 4bc2b5818b (このIDを非表示/違反報告)
愛莉(プロフ) - ゆきのさん» 初めまして*。そしてとっても嬉しいコメントありがとうございます…!ゆきのさんにもっと楽しんでもらえるお話になるように頑張ります!:-) (1月14日 21時) (レス) id: ada343b87b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきの(プロフ) - 初めまして!作品の世界観がすごく好きです(゚∀゚)これからも応援してます!! (1月14日 15時) (レス) id: 4bc2b5818b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛莉 | 作成日時:2021年1月13日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。