占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:8 hit、合計:817 hit

質問と森ミサキとの会話 ページ3

リク「2と3って意味同じじゃないの?」
神 「やめて、私の心が」
リク「それに何名前変えてるの」
神 「それには深い理由があr「じゃあ、元に戻すね♪」えっ」
リク「おりゃーーーーーー(ノ`△´)ノ」
作者「元に、戻ってる」
リク「じゃあ、( ・ω・)∩シツモーンに戻るね」
作者(( ・ω・)∩←これは何だよ)
何で自称神(笑)こっち( ・ω・)って顔でみてんだよ
リク「別世界ってどこ?」
作者「ここ」
リク「えっ、お前もおるん」
作者「入れ替わった人と一緒に私ともしゃべれるからね♥️」
リク「そそそれって、せせ説明の4の時も、ででですか?」
作者「そうだよ、で何で動揺してんの?」
リク「♥️がキモかった」
ついでに作者の見た目をここで発表!!
作者 年齢不明
見た目
小学6年生みたい
神っぽい服
目は黒か白かわからない
髪は床にギリつかないくらいのモノクロの髪、神だけにw
作者「今、面白くないだじゃれがあったきが」
リク「気のせいじゃないw」
作者「あと、キモいは傷付いたよ、一応私女だし」
リク「もー男でもき★ず★つ★く★よ」
作者「あーはいはい、早く最初に入れ替わる二人に話しに行くよ」
リク「はーいヽ( ・∀・)ノ」
作者(絵文字多いいな)
作者「まずは森ミサキからだね、じゃあいくよ」
リク「OK」

呼び出し中

作者「呼んだよ」
リク「えっ、どこ!」
作者「そこ」
ミサ「えっと、もうすぐ狼ゲームが始まるのにここはどこ?」
リク「オオー」
ミサ「えっ、誰?」
リク「私は若崎リクア、早速だけど誰も死なずに狼ゲームを終わらすため力を貸して」
ミサ「リクアちゃんは狼ゲームがどうなるか知ってるの?」
リク「うん、だから全員助けるため力を貸して欲しいんだ」
ミサ「わかった、私もあいつらは憎いでも誰も死なないように手伝うよ」
作者「森ミサキは簡単に説得できたな」
ミサ「えっと、誰ですか?」
作者「あぁ、私は作者だよ」
ミサ「そうなんですね」
納得出来たの!!作者なのに!!いや、作者だからか
ミサ「それで私は何をすればいいの?」
リク「入れ替わる時に話しかけるから、その時に私と入れ替わればいいよ♪」
作者「入れ替わってる時君はここにいるからね」
リク「あっ、ちゃんと私と会話は出来るからね!」
ミサ「ずっと入れ替わってるってことはないんだね」
リク「うん、いない時は裏で他のことやってるから」
ミサ「わかったけど、どうして助けてくれるの」
リク「それは全て終わってからね」
そしてミサキと別れた
リク「次はユキナリだね」

休憩(意味の無い会話)と始まりの決意→←変わった日常



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 4.3/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:狼ゲーム , オリキャラ , 全員生存END
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ラメンどう(狼神) | 作成日時:2019年10月10日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。