検索窓
今日:112 hit、昨日:621 hit、合計:114,027 hit

#16 ページ17

.



『⋯寝かせないって、どういう⋯』


大体、大先生のことだ。予測はついてる。だけど私は一応聞いてみた。



ut「え?そりゃ⋯もちろん、【自主規⋯⋯ッ!」


『それ以上言うな』←



私はとりあえず自由な足で大先生を蹴った。よく堂々とそんなこと言えたな⋯←



ut「⋯⋯あれ、少し顔赤いやん?やっぱ期待してんやないの?」



大先生はニヤニヤしたまま私を見つめてくる。改めて見るとやっぱりイケメンだ。



『⋯っ、そ、んなわけッ⋯!』



私は足でジタバタと抵抗する。でも大先生も成人男性。到底力では敵わない。



ut「はぁ、Aは暴れん坊さんやなぁ…どうせ後で大人しくなるんに⋯」


『っ、!?』



大先生は私の太腿に触れ、優しく撫でる。

あ⋯⋯大先生、本気だ⋯⋯。
だって目が本気だし、獣の目してるし⋯!


私、本当に食べられちゃいそう⋯____。









ci「いや〜⋯多分、Aさん寝てますよね?」


shp「Aさん、お酒弱いっすからね。寝てんと思いますよ?」


ci「Aの寝顔見れるとか最高やん⋯」




ut「⋯⋯_____は?」


shp・ci「⋯⋯え?大先生⋯⋯。」



扉が開いたと思ったらショッピくんとチーノくん。てか夜中に何しに来たの____?


ut「⋯なんや、お前ら 来て…」


ci「大先生こそ何してるんすか!」


大先生が掴んでいた私の手を離した。私はその隙に素早く大先生から離れて自分の部屋を出た。



shp「えっ、Aさん!?」



ショッピくんとチーノくんが何しに来たかは分からないけど⋯とにかく助かった。



私はとりあえずロボロくんの部屋に行った。


.

#17→←#15



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (352 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
717人がお気に入り
設定タグ:wrwrd! , d! , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - 海さん» 神作品と言っていただけ大変嬉しいです!舞ありがとうございますwm(*_ _)m (7月23日 22時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
- 神作品だヽ(・∀・)ノさくらんぼ双子様の為、舞を舞おう( ^∀^) (7月23日 21時) (レス) id: 723343f6c9 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - える@脅威推しさん» わぁ⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ありがとうございます!! (7月10日 10時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - 更新だぁい!最初から見てしまった…w (7月10日 4時) (レス) @page22 id: e5ffed06b8 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - さくらんぼ双子さん» 投票します! (5月25日 14時) (レス) id: b73a7fac54 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年3月28日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。