占いツクール
検索窓
今日:312 hit、昨日:395 hit、合計:198,918 hit

03 ページ4

ロ「少し落ち着いた?」

「ありがとうございます…。」



紅茶を飲み、少し落ち着いた私。

2人はとっても優しくて、悪い人ではなさそう…。



ナ「あたしはナミっていうの、よろしくね。」

ロ「私はロビン。よろしく。」

「あ…私は、Aです…。よろしくお願いします…。」

ナ「ところで…Aちゃんはどこから来たの?」



…どこから、と言われても…

落ち着いて考えたけど、明らかに私の住んでいた世界と、この世界は違う。

どう言ったらいいのか…。

私が答えに悩んでいると、ロビンさんが優しく微笑んだ。



ロ「…質問を変えましょうか。何故空から落ちてきたのか、わかる?最後に記憶があるのはいつかしら?」

「…昨日の夜、いつも通りベッドで寝てたんです…。で、起きたら空から落ちてた…感じ、です。」

ナ「そう…。そりゃ混乱もするわね…。」



コク、と頷くと、ナミさんは私の背中をさすってくれた。



ロ「…Aちゃんは、海賊とか、新世界とか知らないのよね?海が大陸によって4つにわけられてることも、わからない?」

「海が4つ…?」

ナ「わからないっぽいわね…」



大陸によって4つにわけられてる海、ってこの世界の地形、どうなってるの…?

4つに分けられてて海流が生まれるなんて、怖いにも程がある。



ロ「……考え難いけど、違う世界からこちらの世界へ飛んできてしまった、と考えるのが1番いいかしら…。」

ナ「えっ?そんなことある…!?記憶が混乱してるだけじゃ…」

ロ「昔、別の海賊船の航海日誌で読んだことがあるの。突然空から降ってきた子が、違う世界から来た子だった…と。状況的にも、そう考えるのが妥当じゃない?」



ロビンさんって頭いいのかな…よさそうだよね、見るからにして。

ナミさんはえぇ…と言うけど、

でも…



「…私も…そうだと思います。私のいる世界とここの世界は全然違うし…海賊なんて、昔はいたみたいですけど…私の世界には、もういないです。」



それに、昔の海賊だってこんな良い人たちじゃない。

もっと残忍で、怖くて、恐ろしいもの。



ナ「そう…わかったわ、ロビン。帰る方法は何かあるの?」

ロ「…今のところ、なんとも言えないわ。来るのが突然なら、帰るのも突然だと思うのよ。」

「えっ、じゃあ今すぐ帰れないってことですか…!?」



私は、自分のBARを持ってるオーナーだ。

…でもそれをこの2人に言って、どうにもならないこともわかってる…。


どうしたら…いいの?

04→←02



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (326 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
658人がお気に入り
設定キーワード:ワンピース , ONEPIECE , ロロノア・ゾロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミナ(プロフ) - クソウ…終わった…(T_T) (8月31日 14時) (レス) id: 40552a2b29 (このIDを非表示/違反報告)
半分ニートガール(プロフ) - とても、美しい物語でした! (8月30日 0時) (レス) id: 94956eabef (このIDを非表示/違反報告)
明煌羅(プロフ) - 切なくて、キュンとしました! (8月29日 18時) (レス) id: e8cddd2bcf (このIDを非表示/違反報告)
ぽ。(プロフ) - セツさん» セツさん初めまして!コメントありがとうございます(^^)キュンキュンしていただいてなによりです!次回作のお知らせ、本日上げさせていただきますので是非お立ち寄りくださいませ!(;_;) (8月26日 20時) (レス) id: 057c7595e7 (このIDを非表示/違反報告)
セツ(プロフ) - お疲れ様でした。とてもキュンキュンさせて頂きました!次回作はあるのでしょうか…?もしあるのなら、楽しみに待ってます! (8月24日 22時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽてこ | 作成日時:2019年8月19日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。