占いツクール
検索窓
今日:521 hit、昨日:613 hit、合計:196,428 hit

16 ページ17

⚠ ゾロside





ナ「あっこれとかいいんじゃない?ねぇゾロ!」

ゾ「あ?知らねぇよ」

ナ「なによ〜冷たい男ね!」



ナミに色んな服を着させられているA。

俺は、ムスッとした顔で荷物を持ったままそばにいた。


店の外でいいっつったのに無理やり連れてくるから…迷惑極まりない。

俺の自由時間が全くねぇじゃねぇか。



「あの、ナミさんそろそろ疲れました……」

ナ「えぇ〜?じゃあどれ買う?そんなに沢山要らないから…これとこれと…」



ナミがあんまりにも振り回すから、Aは既に疲れ果てていた。

このあと日用品も見るんだから、地獄でしかねぇな…。


悩むナミとAを早くしろよ…と見ていた時、

ふと、近くにあった服が目に入る。


ピンクと黒の、パーカーみたいなワンピース。


スカートも短すぎなくて、でも長すぎないちょうどいい長さのやつ。


…なんかこれ、似合いそうだな。


俺はそれをおもむろに手に取ると、Aに差し出す。


ゾ「…おい」

「…え?」

ゾ「着てみろよ、これ」

「あ…はいっ!」



Aは受け取るなり、めちゃくちゃ笑顔で更衣室に入っていく。

それを見て、ナミはにやっと、笑った。



ナ「なぁに〜?みょ〜に肩入れしてなぁい?」

ゾ「…んな事ねぇよ、別に。」

ナ「ふぅ〜ん?」


「着てみたんですけど…ど、どうですか?」



シャッと、更衣室のカーテンを開けて出てきたA。

うん。やっぱり、似合うな。



ナ「…やだ、今まで着た中で1番可愛い。」

「えっ!ほんとですか!」

ナ「うん…なんか悔しいけど、それは買うべきね!」



俺の目に狂いはなかった。



「えへへ、嬉しい…!ありがとうゾロさん!」



Aは、ふにゃふにゃとした笑顔で俺に笑いかける。



ゾ「…おう。」



こんな顔見れんなら、

ついてきてもよかったかもな、

とか。思ったり、思わなかったり。

17→←15



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (325 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
664人がお気に入り
設定キーワード:ワンピース , ONEPIECE , ロロノア・ゾロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミナ(プロフ) - クソウ…終わった…(T_T) (8月31日 14時) (レス) id: 40552a2b29 (このIDを非表示/違反報告)
半分ニートガール(プロフ) - とても、美しい物語でした! (8月30日 0時) (レス) id: 94956eabef (このIDを非表示/違反報告)
明煌羅(プロフ) - 切なくて、キュンとしました! (8月29日 18時) (レス) id: e8cddd2bcf (このIDを非表示/違反報告)
ぽ。(プロフ) - セツさん» セツさん初めまして!コメントありがとうございます(^^)キュンキュンしていただいてなによりです!次回作のお知らせ、本日上げさせていただきますので是非お立ち寄りくださいませ!(;_;) (8月26日 20時) (レス) id: 057c7595e7 (このIDを非表示/違反報告)
セツ(プロフ) - お疲れ様でした。とてもキュンキュンさせて頂きました!次回作はあるのでしょうか…?もしあるのなら、楽しみに待ってます! (8月24日 22時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽてこ | 作成日時:2019年8月19日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。