占いツクール
検索窓
今日:209 hit、昨日:418 hit、合計:539,853 hit

1-5 ページ5

……?



あ、勇者ちゃんに沼津さん…それにあの人は…確か今朝の新人くん?



「宜しいですか?天堂先生、ちょっとご挨拶…。」



「杏里ちゃん。戻ろっか。」



新人くんが杏里ちゃんを病室へと送ろうとする。



「あ、そうだ。杏里ちゃん…!」



私はそれを急いで引き止めた。



「…?A先生?」



「忙しいくなっちゃうかもだから先に言っておこうと思って。退院、おめでとう。」



「…!うん!」



いぇーい、とハイタッチをしてから新人くんに目配せをする。



すると新人くんは私に小さくお辞儀をし、杏里ちゃんの病室の方へと歩いていった。



…さて。



今度はこっちか。



憧れの浬を前にガチガチになっている勇者ちゃんこと佐倉さん。



「すみません…改めまして、今日から研修に入る勇者ちゃ……さ、佐倉さんです。」



「すみませんっ!今朝は、いきなりあんなこと…。失礼しました!」



浬が何も言わないで見つめていると、佐倉さんは口角を上げてニコニコとしだす。



「何ニヤニヤしてるんだ。」



「へ?」



か、浬…これニヤニヤじゃなくてニコニコ…。



「気持ち悪い。」



勇者ちゃんへのトドメの一撃を浬が言い放った。



「ちょっ、か…天堂…!」



「んだよ。行くぞ。」



さっさと歩いて行ってしまう浬とまたもや固まっている勇者ちゃんを交互に見る。



あー、もうっ。



私は渋々浬を追いかけた。



「あー、もう…。なんであんなこと言うてまうねん!」



後ろから沼津さんの悲痛の叫びが聞こえてくる。



ほんとに…私もそう思う。



「あれ、星野。」



「来生…。浬は私は何とかするから、勇者ちゃんお願い。」



「勇者ちゃん?」



「ほら、浬に告白した…!」



「あー…おっけ、任せて。」



あっち、と勇者ちゃんに指を指すと何やら把握してくれた様子。



ガシッと固い握手を来生と交し、浬を追いかける。



来生、勇者ちゃんのこと上手くフォローしてくれるかな。



まぁでもあの来生だし…うん、大丈夫。



「…って浬見失った。」



ふと前を見るともうあの後ろ姿はない。



あの人ほんとに歩くの早いんだから…。

1-6(?) すみません少しだけ…→←1-4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (170 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
971人がお気に入り
設定キーワード:恋はつづくよどこまでも , 天堂浬 , 佐藤健   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あい - 苗字もかえられたらなぁ、、 (2月19日 10時) (レス) id: c1027a2b46 (このIDを非表示/違反報告)
かの(プロフ) - 紗奈さん» ごめんなさい、恐らくバグだと思います…。私の方でも時々表示されません…。何度か2-10をタップして頂けると表示されると思います…!更新頑張ります^^* (2月13日 9時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)
紗奈(プロフ) - 2-10が公開されてないんですけど私だけでしょうか?いつも楽しく読ませていただいてます。これからも頑張ってください!! (2月13日 2時) (レス) id: 7ed4c7ed68 (このIDを非表示/違反報告)
かの(プロフ) - かなたさん» ありがとうございます…!甘えてる天堂先生、あのドSっぷりからは想像できませんね…。笑 更新頑張ります! (2月11日 23時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)
かなた(プロフ) - ぁぁぁぁ!!好きです!浬がすんごく格好良い!!今寝ちゃってるけど、酔ってる状態で一回起きて星野ちゃんに甘えてほしい!!とか思っちゃいます(おい)更新頑張ってくださいね! (2月11日 21時) (レス) id: 62bfdae21e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かの | 作者ホームページ:   
作成日時:2020年2月9日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。