占いツクール
検索窓
今日:121 hit、昨日:335 hit、合計:565,934 hit

1-13 ページ13

次の日。



結局昨日はあの後浬と一言も話さずに帰ってしまった。



最後に話したのは来生と小児科の結城先生。



2人とも昔に比べて浬は随分変わったと言っていた。



…それは私も思う。



「星野。」



「…!?」



歩いて病院まで出勤していると、後ろから聞き覚えのある声が。



そして更にその声は私の名を呼んでいる。



「浬…。」



振り返ると、イヤホンを片方外し紺色の動きやすい服装でこちらを見つめる浬が居た。



日課のランニング中か…。



「お前昨日…。」



「昨日?」



「いや、なんでもない。」



「え、気になる…って早い!私ヒールなんだけど!?」



「着いてこなかったらいいだろ。」



私の真正面に立ったかと思えば"なんでもない"と一言残して走り去ってしまう。



私も負けじと彼を追いかける。



ヒール走りづらい…。



「ねぇちょっと…浬…!」



「お前走るの遅いな。」



「うっさいなぁ…っちょ、うわぁっ!」



浬が私のことを茶化しにわざとスピードを落として隣までやってきた。



彼の口から出るのは私を罵倒する言葉ばかり。



私もムキになり言い返そうとすると、右足に変な力が入った。



ヒールだった為、足を捻りそうになる。



やばい、と思った時にはもう遅く。



私の体は地面と平行になりそうなほど倒れていた。



「いった……く、ない…。」



けれど痛みは全然来なくて。



「どんくさ。」



私のお腹にしっかりと回っている男の人の手。



そこでやっと脳が理解した。



"浬が助けてくれたんだ"って。



きゅん、と来たがすぐさま放たれた言葉に冷めてしまう。



「悪かったわねどんくさくて。」



「ヒールで俺に追いつこうとするからだろ。」



「浬があんな意味深な言い方するからいけないのよ。」



んべっ、と舌を出し浬の腕から抜け出す。



なんだかんだ言いながらも少し寂しくなったのは黙っておこう。



「ほらー、病院行くよ。」



「もう着いてるけど。」



「え?あ、ほんとだ。」



私が転けそうになったのはどうやら病院前の歩道らしい。



もし転けてたら同僚に見られてたかもしれないってことか。



恥ずかしい…。



「置いてくぞ。」



「待ってってば…!」



いつの間にか私の5歩くらい先に居た浬。



私は今度は転けないように気を付けながら、彼の元へ走った。







「……。」



その光景を、まさか勇者ちゃんが見てるなんてこの時は思いもしなかった。

1-14→←1-12



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (174 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
925人がお気に入り
設定キーワード:恋はつづくよどこまでも , 天堂浬 , 佐藤健   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あい - 苗字もかえられたらなぁ、、 (2月19日 10時) (レス) id: c1027a2b46 (このIDを非表示/違反報告)
かの(プロフ) - 紗奈さん» ごめんなさい、恐らくバグだと思います…。私の方でも時々表示されません…。何度か2-10をタップして頂けると表示されると思います…!更新頑張ります^^* (2月13日 9時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)
紗奈(プロフ) - 2-10が公開されてないんですけど私だけでしょうか?いつも楽しく読ませていただいてます。これからも頑張ってください!! (2月13日 2時) (レス) id: 7ed4c7ed68 (このIDを非表示/違反報告)
かの(プロフ) - かなたさん» ありがとうございます…!甘えてる天堂先生、あのドSっぷりからは想像できませんね…。笑 更新頑張ります! (2月11日 23時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)
かなた(プロフ) - ぁぁぁぁ!!好きです!浬がすんごく格好良い!!今寝ちゃってるけど、酔ってる状態で一回起きて星野ちゃんに甘えてほしい!!とか思っちゃいます(おい)更新頑張ってくださいね! (2月11日 21時) (レス) id: 62bfdae21e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かの | 作者ホームページ:   
作成日時:2020年2月9日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。