占いツクール
検索窓
今日:339 hit、昨日:454 hit、合計:358,247 hit

21、ゾムさんと鬱先生さん ページ24

Aside

ご飯を食べ終わって、そして今に至ります。
今は、私がゾムさんに抱っこされています。なんでだろう。
「はぁ〜可愛ええなぁ〜、俺の癒しやわ〜」とゾムさんは私の頬に自分の頬を擦り付ける。擽ったいけどとても可愛い。
試しに頭を撫でれば、嬉しそうににまぁっと口角を上げた。可愛いな???

「ゾム何してん??」と声が聞こえ、そちらに顔を向ければ、そこにはスーツ姿でタバコを吸っている鬱先生が居た。
ちなみに私は未だに『鬱さん』なのか、『鬱先生さん』なのか『鬱先生』なのか決まっていない。

「おいこら鬱先生、こっち来るんやったらタバコの火消してから来いや。Aにタバコの匂い着く。そんなん許さへん。」ゾムさんがすごい圧を鬱先生にかける。慌ててタバコの火を消してこちらに来る鬱先生。
『別に私気にしないですよ?』とゾムさんに言えば、「俺が嫌」ときっぱり言い切るゾムさん。

「てか、なんだかんだこんなにハッキリ喋るの今日が初ちゃう?」改めて僕が鬱です〜、と笑顔をうかべる鬱先生。どこか疲れてるような…、気のせいかな?
『こんにちは、鬱先生さん。Aです』と改めて私も自己紹介すれば、鬱先生は途端にぱぁぁっと笑顔になる。

「え〜ほんまAちゃん可愛ええやん何ー?ゾム俺にも抱っこさせて?」鬱先生がこちらに両手を広げ近寄ってくるので、私も素直にそちらに移ろうとすれば、ゾムさんがすごい勢いで抱きしめてくる。

『ぅぐぇ』「ちょ、ゾム、待てAちゃん締まってる締まってる!!!!」「嫌、鬱先生には渡さへん」「わかった!ゾム分かったから!!締まっとんねんめっちゃ!!!!」
どんどん苦しくなる、私の死因抱きしめられたことか、楽しい人生でした後半怒涛に。ありがとう皆さん。
危うく目を閉じかけそうになったところでいきなり力が緩まった。
「Aすまんな!?!?生きとる!?大丈夫!?」肩をぐわんぐわんと揺らされる。

…コネシマさんと言い、ゾムさんと言い、皆さん肩を揺さぶるのが好きなんだな。

「鬱先生のせいでA死にかけたやん謝れよぉ!」「えぇ俺なん!?!?」
ぎゃあぎゃあと言い合いを始める2人。
しかし、その間もゾムさんは私を抱きしめて離さない。

…せめて、もう少し力は弱めて欲しいなぁ、とデジャヴの様なことを私は考えたのだった。

22、書記長室はいずこ→←作者から



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (243 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1038人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , d!
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

雲雀(プロフ) - わらび餅ィさん» なんとも嬉しい言葉…!これからも頑張ります!! (11月28日 18時) (レス) id: 4aed07b718 (このIDを非表示/違反報告)
わらび餅ィ(プロフ) - 雲雀さん» こう言う系あまり読まないからどうだろうとか思ってた自分を殴りたいくらい面白いので頑張ってください! (11月28日 14時) (レス) id: a2949d225d (このIDを非表示/違反報告)
雲雀(プロフ) - わらび餅ィさん» わらび餅さん、返信遅れてしまい申し訳ございません!はわ〜!!ありがとうございます!!これからもどうぞよろしくお願いします!!面白いお話を皆さんに届けられるよう頑張ります!! (11月28日 14時) (レス) id: 4aed07b718 (このIDを非表示/違反報告)
わらび餅ィ(プロフ) - こんばんは!物語面白いからいつも読ませて貰ってます!ランキング1位おめでとう御座います! (11月25日 18時) (レス) id: 41f911fbc7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雲雀 | 作成日時:2020年11月21日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。