占いツクール
検索窓
今日:985 hit、昨日:2,641 hit、合計:558,802 hit

大喧嘩 ページ11

ラウールside


たまアリが終わり、サマパラに向けた練習が少しずつ始まった頃



『いい加減、真剣にやれば??中途半端な気持ちで練習来てんなら帰って。』



今までに聞いたことないぐらい、雪ちゃんの怖い声。



その声が向けられたのは翔太くん。



渡辺「何?なんでAにそんな言われなきゃなんないの?」



田中《えっ、何??》



雪ちゃんが翔太くんから奪ったスマホからSixTONESの樹くんの声がする。



『ごめん、樹。切るわ。』



渡辺「なんなの。勝手にスマホ取って。」



『生半可な気持ちで練習来てんなら帰ってって。ずっと樹と電話して。照の話も聞かないでずっとスマホいじってる。』



渡辺「別良くない?今自由時間だったよね?」



確かに、翔太くんが言うように今は自由時間。



『そっかー、翔太は今からサマパラ始まっても余裕なんだ。…みんな真面目に練習してる所でよくそんな呑気に電話なんかしてられるよね。』



渡辺「っ、、、自分の自由じゃん。」



『そーだね。でも、やる気ないんだったら帰って。邪魔。樹と遊べば?』



雪ちゃんの鋭い目付きに、思わずふっかさんの後ろに隠れる。



渡辺「チッ…なんでそんな言われなきゃなんねぇの。まだ先だろ。」



『っ、帰って。やる気ない人と一緒にやりたくないから帰って!!』



渡辺「うるせぇな、帰ればいいんだろ。」



翔太くんは荷物をまとめてレッスン室を出て行っちゃった。



「追いかけなくていいの?」



ふっかさんに聞くと、、、




深澤「後で、舘さんが行くから。今はそっとして置くのが翔太の扱い方。」



岩本「それよりも…Aかな。」



阿部「A。どうした?」



『亮平には関係ない。』



宮舘「翔太には悪気ないから、な?」



『それは分かってる。でも…』



目黒「ゆっくりでいいから、教えて。」



蓮くんが優しく寄り添うと、雪ちゃんは大粒の涙を流した。




『…っ、どうすればいいかっ、わかんなくなって。たくさん、テレビとか出させてもらえるようになって、デビューしたのかな?って錯覚して。っでもっ、ジャニーズJrで。』



最近、お仕事も増えて、ジャニーズJrとしては異例なぐらいスケジュールが埋まっているんだ。



佐久間「分かるよ。俺も友達にデビューしたの?って聞かれるもん。」



深澤「俺も。親戚とかによく言われる。」

・→←作者より



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (594 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3504人がお気に入り
設定キーワード:紅一点 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

S_1127(プロフ) - このお話1番好きで何回も読み直してます!もしお時間があればドッキリGPのお話書いて頂きたいです!! (10月13日 21時) (レス) id: 45fa4d853a (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - Kanaさん» いつもありがとうございます!結構切なくなりそうです... (10月10日 16時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
Kana(プロフ) - 毎回コメすみません!あ〜(T-T)裏側ではちゃんと好きって気持ち忘れてなかったんですね(>_<)切ないです…。今回も胸がぎゅーってなりました(ToT) (10月10日 0時) (レス) id: f3e4f0c0df (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - 思っていた以上に切ないお話になりそうです。それはお楽しみに!ありがとうございます。 (10月9日 22時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
凛華(プロフ) - 最高に切なくてでもドキドキが止まりません…!ハッピーエンドになりますように…!これからも更新楽しみにしてます! (10月9日 17時) (レス) id: 8c58893707 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆずき | 作成日時:2019年8月10日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。