占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:2,084 hit、合計:952,833 hit

すのちゅーぶ裏話 ページ25

すのちゅーぶ裏話



『モニタリング中の皆さん、ファンの皆さん、お見せできるのはここまででーす。ごめんね!』



全てのカメラの電源を切り、誰も見ていない、私と目黒2人の空間になった。



目黒「何してるんすか。」



『じゃあ、私たちが付き合ってたって話みんなに聞かれたい?』



目黒「...それは...。」



『いい加減、逃げてらんないし。ちゃんと話したい。』



なんで目黒と距離が出来てたのか、



そんなことずっと分かってる。



『...なんであの日、来てくれなかったの?』



2018年1月の事



その日は私と目黒が付き合ってちょうど1年の日だった。



お互い、嵐さんのバックについていたのをきっかけに目黒から告白されて、付き合うことになって幸せだった。



1年記念にデートの約束をしていたものの、目黒は一向に来なくて、、、



目黒「それは...ごめん。」



『それだけ?私、ずっと。ずっと待ってたのに。来るって信じて...。』




目黒「ごめん。...実はさその日、爺ちゃん急に倒れて。亡くなっちゃったんだけど、さ。」



そんなことがあったの?



『...でもっ!!連絡ぐらいしてよ...。』



目黒「家にスマホ置きっぱなしで病院行ってて、家帰ってメッセージ見た時には...。」



【ばか】


【最低】



この2言が目黒に送った最後のメッセージ



そして、私は連絡先を削除した。



1年記念という大事な日に、こんなことがあったから結構辛くって、




普通なら消すなんてことしないけど、自然と削除をタップしていた。




『ごめ、ん。...勝手に目黒のこと突き放して、理由も聞かずに最低って...。』



涙が頬を伝う。



目黒「謝るのは俺の方。A...ちゃんに今まで言ってなかったし、、、。」



『ほん、とに。ごめんね。』



目黒「俺も、ごめん。...っ、ほら、泣かないで?」



優しく抱きしめてくれる目黒の声も震えていて、顔を見れるわけじゃないけど、泣いてるんだなって。



『...これから、普通に喋ってくれる?前みたく喋れるかな...。』



目黒「当たり前じゃん。」



少しは前みたいな関係に戻れるかな...。






はるかさんさんからの、リクエストでした。

ありがとうございました。

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (518 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2800人がお気に入り
設定キーワード:紅一点 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆずき(プロフ) - 白濱亜嵐さん» いえいえ、こちらこそ紛らわしくてごめんなさい (8月28日 13時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
白濱亜嵐(プロフ) - そうだったんですねこちらこそ知らないくせに指摘してしまいごめんなさい (8月24日 10時) (レス) id: c752c14716 (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - 白濱亜嵐さん» ご指摘ありがとうございます。元々は、partyなのですが夢主の前では別バージョンという感じで書いていたのですが、その大事な部分が抜けていました。申し訳ないです。 (8月23日 22時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
白濱亜嵐(プロフ) - FIRETIMEじゃなくて、partytimeだと、、 (8月18日 18時) (レス) id: c752c14716 (このIDを非表示/違反報告)
レイラ(プロフ) - めめと夢主ちゃんの復縁展開見てみたいです。 (8月17日 15時) (レス) id: df87f2a5f8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆずき | 作成日時:2019年5月3日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。