占いツクール
検索窓
今日:194 hit、昨日:297 hit、合計:73,361 hit

27 ページ27

Aside









先輩「おはよう」






「おはようございます。あ、昨日はありがとうございました」








先輩「心配だから、しばらく送るよ」





「いえっ、本当に大丈夫です」






先輩「なら…ご飯は?」







「えっと…」







今日はモモ何時に来るのかなぁ。





ご飯を作って待っててくれる日なのかどうか。







こっちから、何時に仕事終わるの?なんて、なんとなく聞きづらいしなぁ。








先輩「…どうかした?」





「あ、いや、その…」






先輩「例の子の件があるだろうから、そんな長引かせないし、軽くどうかな」








「…じゃあ、少しなら…」









……









先輩「どう?美味しい?」






「あ、はい…。まさかこんな高そうなところだなんて思っていなくて…



少し緊張します。」







高級そうなフレンチレストランで、ひねくれてる私は今後見返りを何か求められてしまうんじゃないかと、ソワソワしながら食べる。








もちろん、そんな空気の中ではろくに味を感じられない。

28→←26



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
161人がお気に入り
設定キーワード:高橋海人 , King&Prince , リアル設定
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あおゆ | 作成日時:2019年8月4日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。