検索窓
今日:34 hit、昨日:116 hit、合計:41,851 hit

〇10 ページ29

.





母からの電話があった次の日の朝。





私は、また早く起きてお弁当を作っていた。





トントンとリズム良く野菜を刻む音。





グツグツと泡を立てる煮物。




卵焼きも人参もハートにするのはもうやめた。





ただ一世の健康だけを考えたメニュー。





お弁当箱の中に盛り付けて、気持ちと一緒に蓋を閉じた。





『よし、今日も完璧っ』




いつものように玄関におく……じゃなくて





今日は直接渡そうと思ってる。





玄関の前に立ち、インターホンをそっと鳴らす。





数秒時間が経ってから
まだ少し眠そうな一世の声がその先から聞こえた。





『あ、おはよう!お弁当、作っちゃった、笑』





私だとわかり、
ガチャとドアを開けたTシャツにスウェット姿の一世。





『昨日までのお弁当……ごめんね!変なことして…。
. でも、私は一世のお弁当を作っていたい。』





自分の気持ちを抑えたまま、この言葉を伝えた。





「……俺もごめん。ありがとう」





そう言って、私が持ったお弁当を
ひょいと受け取ってくれた。





嬉しい気持ちが込み上げてくる。





『うん!今日も頑張れ!』





登校するにはまだ少し早い時間。





私は家の中に戻って、





ダンボールに荷物を少しづつ詰める用意をしていた。





昨日、お母さんに言われた最後の一言。





“1週間後、迎えに行くから”





それはあまりにもタイムリーなこと。





そして、その日は一世の予選大会と同じ日だった。





電話越しの事実に、動揺が激しくなる。





最後まで全力で応援したいって思ってたけど、





それが叶わなくなった今、





私が出来ることは……





残りある時までお弁当を作ること。





絶望を感じたけど、





それを私がネガティブに捉えちゃダメだ。





私がポジティブでいないと、一世まで影響が出てしまうかも。





だから、





1週間後、幼なじみをやめることは一世には内緒。





.

〇11→←〇9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
130人がお気に入り
設定タグ:美少年 , 浮所飛貴 , 那須雄登
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅうか(プロフ) - 初めまして。読みながら号泣してしまいました。素敵なお話ありがとうございます! (6月28日 13時) (レス) @page37 id: 81d3bec9f9 (このIDを非表示/違反報告)
ホワイトチョコ(プロフ) - ^_^さん» 大昇どこいった (6月20日 3時) (レス) id: 5af4654439 (このIDを非表示/違反報告)
^_^(プロフ) - サイコーっす那須最高っす (6月20日 2時) (レス) id: 3634040f38 (このIDを非表示/違反報告)
ホワイトチョコ(プロフ) - ぎゃうさん» う、う、嬉しい……( ꒪⌓꒪) (6月16日 22時) (レス) id: 5af4654439 (このIDを非表示/違反報告)
ぎゃう - 最初から最後まで改めて読んだけど、まじで好き〜あの下駄箱の飛貴の匂いめちゃくちゃ想像できる。美少年浮所飛貴の匂いじゃなくて一般人浮所の匂いがち好きすぎる。あといせちゃんが怒ってお弁当やめてとかハートに気づかない鈍感で恋愛ならしてない感じがいせちゃん (6月16日 16時) (レス) id: 38302e75f7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ホワイトチョコ | 作成日時:2022年6月10日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。