検索窓
今日:32 hit、昨日:116 hit、合計:41,849 hit

〇9 ページ28

.





酷く打ち付けられた言葉。





その言葉の意味がわからなかった。





夏の夜、暖かい空気の中に半袖で外にいる私は





どこさ寒さを感じた。





一世が怒った。怒鳴りあげてた。





こんなの初めて。どうしたらいいのかわかんない。





とりあえず、動かなかった体を無理やりにでも、





家の中に戻って





お弁当を持ったまま台所に向かった。






蓋を開けると





『……え』





いつもなら空になったお弁当箱。





そこに、卵焼きだけが残っていた。





ハートの形は維持されていない。





もしかして、怒った理由ってこれ……?





一世、ハートの形気付いてたんだ。





今まで気付いてたのに無理して食べてたのかな……





そう思うと
今まで一世にしてきたことは全部
ありがた迷惑をしていた事に気付かされた。




『あれ………なんで?』





台所にポタポタと落ちる音。





涙が止まらない。





辛い。





私の弁当が嫌だって直接言われたわけじゃないけど





美味しくないとか、不味いとかそんな言葉より





やめてほしい、の一言が酷く胸に突き刺さる。





その時、一本の電話が鳴った。





電話先は、お母さんからだった。





『……もしもし?お母さん?』





向こうからかけてきて、返答がない。





何か言いづらそうな雰囲気だった。





『どうしたの?』





次に耳に入った言葉は衝撃的だった。





「A……あなたも海外で一緒に住んでほしいの」





.

〇10→←〇8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
130人がお気に入り
設定タグ:美少年 , 浮所飛貴 , 那須雄登
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅうか(プロフ) - 初めまして。読みながら号泣してしまいました。素敵なお話ありがとうございます! (6月28日 13時) (レス) @page37 id: 81d3bec9f9 (このIDを非表示/違反報告)
ホワイトチョコ(プロフ) - ^_^さん» 大昇どこいった (6月20日 3時) (レス) id: 5af4654439 (このIDを非表示/違反報告)
^_^(プロフ) - サイコーっす那須最高っす (6月20日 2時) (レス) id: 3634040f38 (このIDを非表示/違反報告)
ホワイトチョコ(プロフ) - ぎゃうさん» う、う、嬉しい……( ꒪⌓꒪) (6月16日 22時) (レス) id: 5af4654439 (このIDを非表示/違反報告)
ぎゃう - 最初から最後まで改めて読んだけど、まじで好き〜あの下駄箱の飛貴の匂いめちゃくちゃ想像できる。美少年浮所飛貴の匂いじゃなくて一般人浮所の匂いがち好きすぎる。あといせちゃんが怒ってお弁当やめてとかハートに気づかない鈍感で恋愛ならしてない感じがいせちゃん (6月16日 16時) (レス) id: 38302e75f7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ホワイトチョコ | 作成日時:2022年6月10日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。