占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:142 hit、合計:139,611 hit

3 ページ3






暗い階段を降りて長い通路を曲がると警備員さんがいる扉の前に来た







.。₀:THE MOON:₀。

そう書かれた扉はいかにも高級感が溢れてた










警備員「初めてのお客様ですか?会員でないとこちらのお店は入れません。申し訳ありません。」










葵「あ、すみません、招待券を頂いておりまして、」







警備員「申し訳ありません!お預かり致します。ではこちらにご記入頂いて…。お楽しみください。素敵な夜を。」










重そうなドアを開けてくれた警備員さんにお辞儀をして

2人で中に入った











葵「すごい高級感だね、芸能人とかいるかもよ!?」










『そんなことあるわけないよ〜笑
今日は誘ってくれてありがとう、葵もいい人探してね。笑』










葵「もちろん!」











とりあえず何かドリンク貰って、

私はカウンターに座った。










カクテルってなんでこんなにおいしいんだろう











音楽に体を任せてる人が9割の中、

ライトが当たらない端の方で座ってる私。










せっかくのクラブなのに、って思う人もいるかもしれないけど、

私はこの雰囲気が好きなだけで、踊るのとか恥ずかしい。笑









それも葵は分かってくれるから、お互い別行動できるのかも。笑

傍から見たら1人で飲んでる寂しい女の子だよね笑












葵がいる方をみたら、もうイケメンなお兄さんと踊ってる、笑












「ねえねえ、綺麗だね。お姉さん1人〜??
俺らと踊らない??遊ぼうよ〜」











気づいたら両サイドにお兄さんが座ってた、












『いやっ、踊るの得意じゃないんで、、』











「大丈夫大丈夫〜、手取り足取り教えてあげるから!笑」












うわぁ〜結構酔ってるなぁこりゃ、

どうやって逃げよう。










管理人「お客様、VIPルームにご案内させていただきます、こちらへ。」





4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (157 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
955人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , 川村壱馬 , 吉野北人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はんぺん(プロフ) - みほさん» ありがとうございます!更新遅くなってすみません!これからもよろしくお願いしますね!笑 (2月8日 18時) (レス) id: dac16e86df (このIDを非表示/違反報告)
みほ - はじめまして、初めて読まさせてもらいました。面白いです。29以降の話早く読みたいです。壱馬くんタイプです。 (1月27日 15時) (携帯から) (レス) id: 478e83e2b7 (このIDを非表示/違反報告)
はんぺん(プロフ) - りあむさん» お!是非!!笑 (1月10日 21時) (レス) id: dac16e86df (このIDを非表示/違反報告)
りあむ(プロフ) - はんぺんさん» はんぺんさんと一緒にその映画を作ります!!! (1月10日 19時) (レス) id: cadc20fb77 (このIDを非表示/違反報告)
はんぺん(プロフ) - りあむさん» え!いいっすねそれ!是非映画化してください!監督!!笑 (1月10日 17時) (レス) id: dac16e86df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はんぺん | 作成日時:2020年1月9日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。