占いツクール
検索窓
今日:315 hit、昨日:466 hit、合計:69,892 hit

142 ページ45

長尾side





レッスン室に行くと、Aちゃんの姿が

久々やからお話しよ〜









長尾「Aちゃーん!」


『ん?どした?』


長尾「ぎゅーしましょ」


『おいで〜...ってゆうてもけんちゃんの方がでかいからなぁ(笑)』


長尾「確かに(笑)
このまま転がりましょ」


『ごろ〜ん』









2人でレッスン室の床をゴロゴロ転がる

今は2人しかおらんから転がり放題(笑)

しばらくゴロゴロしたら、寝転がったままAちゃんが僕の上に乗っかって、僕の顔をぺたぺたしだした(笑)









『なぁ、けんちゃん』


長尾「なに〜?(笑)」


『ん〜やっぱ何もない!』


長尾「え〜気になるやん(笑)」







さっきから、ずっと言おうとしてやめる、を繰り返してる

何が言いたいんやろ(笑)








『...たい』


長尾「ん?なになに?(笑)」


『タピオカ飲みたい』


長尾「買いに行く?」


『もう少しで始まるからやめとく(笑)』


長尾「せやな(笑)
終わったら行く?」


『どうしよっかな〜?』


長尾「折角やし行こうや!」


『んー、うん!』









やったね(笑)

Aちゃんとお出かけや!

めっちゃ時間短いやろうけど(笑)









『よくどこのお店に行っとる?』


長尾「えー、結構いろんなとこ行ってるかな?」


『えぇ〜』







どこがええんやろ〜って、僕の上で仰向けになるAちゃん

そういえば、Aちゃんって僕のこと「けんちゃん」って呼んでるよな

「謙杜」って呼ばれたい...








長尾「Aちゃん」


『んー?』


長尾「謙杜って呼んで?」


『へっ?けんちゃん呼びあかんかった?』







急に起き上がってこっちを見てくる

これ結構キュンとくる(笑)







『けんちゃん?』


長尾「謙杜」


『...けんと?』







うぁー、これは破壊力やばい...

もう漢字じゃなくてひらがなで呼んでるって分かるぐらい疑問に言ったな(笑)







『なんでまた名前?』


長尾「名前で呼んでほしいと思ったから、やったらあかん...?」


『...全然そんなことない!
あ、じゃあさ、うちも呼び捨てにして!』


長尾「え、でも...」


『ええから!』







な、お願い!って言われたら断れないじゃん

ちょっと緊張するけど(笑)







『やっぱあかん...?』


長尾「...A」







呟くように言えば、ぱぁぁぁって効果音がつきそうなぐらい笑顔で抱きついてきた

かわいいな(笑)





.

143→←141



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
341人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Mari | 作成日時:2019年5月25日 5時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。