占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:217 hit、合計:189,940 hit

84,恐れていた事態 ページ39

「おい聞いたか!?テンション上がるぜ、Mr.コンプレスが早くも成功だってよ!」

あぁ…コンプレスか
爆豪君を捕らえた大馬鹿者は

「遅せぇっつうんだよ、なぁ!
眠くなってきちゃったよ」

「そう言うな。よくやってくれてる、
後は、ここに戻ってくるのを待つだけだ」

今更だけど爆豪君、
ヴィランの勧誘快諾するかな…

絶対、一蹴されちゃうのが
オチだと思うんだけど

「A、さっきから
黙ってばっかだが、どうした」

「あ、え…そかな」

そこでふと、緑谷君を思い出した

−−(Aちゃんにもあるよ、人を動かす力)

彼は今、どうしているだろうか

「…ん、荼毘?」

前をゆく荼毘が
前触れもなく足を止めた

ある茂みから目を離さない。
何かあるの…?

そして私を自身の背中に隠すようにして
引き寄せられる

「…どうしたの?」

「あれ、まだこんだけですかぁ?」

反対方向から、若い声が聞こえ
茂みをかきわけて現れたのは

相変わらず笑顔なヒミコちゃん

「あー!Aちゃん、
無事に来れたんですね!わーい!」

「ぐへっ」

勢い良く抱きつかれ、
息苦しい。

「おいイカレ野郎、
血は採れたのか?何人分だ」

「一人です」

「一人ぃ!?」

トゥワイスに
あーだこーだ言われているヒミコちゃん

「なので、Aちゃんの血ぃ下さい!」

「何で!?」

「私、血と同じくらい
Aちゃんがだーいすきです、ので!」

HUKUZATU。

フクザツだよ、これは喜ぶべきか?
…私、ヒミコちゃんにとって血と同価値!?

「つーかよ、トガちゃん
テンション高くねぇか!?

何か落ち込む事でもあったのか!?」

確かに、ヒミコちゃんの笑顔が
より輝いて見える…気がする。

「実は、お友達が出来たのと
気になる男の子がいたのです!」

「それ俺!?ごめんムリ!
俺も好きだよ」

なんなのこの会話は…

「(人1)ちゃんもいるんだろ気になる子!
それ俺だろうけどゴメン無理!

俺は好きだけど」

「それ、言いたかっただけだよね」

本日何回目かのため息。
それにしても、気になる男の子って誰だろ?

「うるせぇな、黙って…」

「……なに、この音…?」

何かがこちらに迫ってくる音、
それはどんどん大きくなって

やがて目の前にソレは落下した。

爆風に思わず目を瞑る

かろうじて開いた先。

複数の見慣れた顔ぶれ。

その光景に、恐ろしさのあまり

私は驚愕する。

「み、緑谷君…?」

「…………A、ちゃん…!?」

傷だらけのヒーローが
そこにいた

85,悪役でいるだけ→←83,これにて幕引き



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (163 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
305人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

無希(プロフ) - 愛花さん» ありがたきお言葉をありがとうございます!この上ない幸せです…ヒロアカ良いですよね!原作をリスペクト出来る作品であり続けたいと思っています!ので、頑張ります!!コメント頂きありがとうございましたー! (3月7日 1時) (レス) id: 4a49e8f9ee (このIDを非表示/違反報告)
愛花 - 最高です…!ヒロアカ大好き! (3月6日 10時) (レス) id: e76711cd26 (このIDを非表示/違反報告)
無希(プロフ) - 蚊さん» 自分らしく、と言うのはとても難しいですし、そう簡単に出来る世の中ではありませんが、私は貴方様を応援しています!!私もこの作品を通して貴方様に出会えて本当に良かったです!何かあったら、またいつでも いらっしゃって下さい!本当にありがとうございました! (11月30日 15時) (レス) id: 285300d98d (このIDを非表示/違反報告)
無希(プロフ) - 蚊さん» ひゃああ本当ですかありがとうございます…そして生きてて下さってありがとうございます。どんなに周りが言っても、一番辛くてキツイのは貴方様です。だから貴方様の事を理解してくれない(最低な)担任の先生に左右されず、自分らしくいて下さい。 (11月30日 15時) (レス) id: 285300d98d (このIDを非表示/違反報告)
- これからも頑張って! (11月28日 21時) (レス) id: 246313809f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:無希 | 作成日時:2017年3月4日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。