占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:4 hit、合計:10,578 hit

キスからの? ページ9

pink系入ります。
無理な方は飛ばしてください、


Aside

『いっちゃーん』

樹「おはよ…A」

『おはよう!』

樹「おやすみ……」

『あー!ちょちょちょちょ!!待ってよ!』

樹「何?」

『あの…その……』

樹「早く起きろと?」

『そう言う事!』

ゆっくりとベッドから起き上がる

樹「ちゅーして」

『ふぇっ!?』

樹「何その間抜けな声」(笑

『だって…いっちゃん、カッコイイんだもん』

樹「何その理屈」

『だっ…!んッ!』

急にされたキス。
息が出来なくて、苦しい
脱力した私を下にして、
いっちゃんが上に乗る。


酸素を求めて小さく口を開けば
待ってましたと言わんばかりに
入ってくるのはいっちゃんの舌。

『いつ…きっ…//』

樹「んっ…」

『んぁっ……やらぁ…』

いっちゃんの唇と私の唇が離れると。その間に
銀の糸が引く

樹「よし。リビング、行こっか。」

何も出来ない私を見た樹がこっちを見ながら

樹「大丈夫?」

なんて聞くの。
大丈夫じゃないよぉぉぉ


『もっと…ちゅーして?』

樹「は?」

『だから!もっと…やってよ…//』

樹「ふーん。Aも、そんなにえっち
なんだね」

『それは…っ』

樹「さっきよりもイイコトしてあげるから」

彼のその言葉で、また始まる

『んぁっ…』

服の下に手を伸ばしお腹の辺りを擽る

『あぁっ…//』

樹「さっきあんな事したから敏感だね?」

『言わないでよっ……//』

樹「かわい。」

『んんっ……』

ブラの上から私の膨らみの頂点に触れる

樹「感じてんの?」

『ひゃぁっ………//』

樹「暑っつ……」

そう言って自分のTシャツを脱ぐと
綺麗に割れた腹筋が見える

『い、つき……』

樹「脱いで」

『え…?』

樹「脱いで?」

言われた通りに脱ぐと、少しだけ浮いた
背中に手を伸ばされてプツッとブラの
ホックを外された

『ちょっ……』

Tシャツでブラをくるんで投げ捨てる

まだまだ始まる甘い一時

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←更新について



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.7/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
158人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , GENERATIONS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はやとん - 隼くん、お願いいたします。 (5月14日 22時) (レス) id: eec0f53a3e (このIDを非表示/違反報告)
涼太くんlove - 涼太くん、お願いいたします。 (5月14日 22時) (レス) id: eec0f53a3e (このIDを非表示/違反報告)
れおくん大好き - れおくん、お願いいたします。 (5月14日 22時) (レス) id: eec0f53a3e (このIDを非表示/違反報告)
抹茶(プロフ) - はるりんさん» いえいえ!ご期待に添えているか不安ですが、喜んでいただけて嬉しいです! (5月7日 21時) (レス) id: 9fd9170aaa (このIDを非表示/違反報告)
はるりん - めっちゃ壱馬かっこいいです!!ありがとうございます! (5月7日 18時) (レス) id: bb9bfc0f56 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:抹茶 | 作成日時:2019年4月28日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。