検索窓
今日:7 hit、昨日:1 hit、合計:1,715 hit

23 ページ25

なるべく音をたてないよう、細心の注意をはらってその場を離れる。ここから部屋へ戻るにはいくつかの道がある。あの独特な気配を避けて部屋へ戻るのは……いや。私は気を研ぎ澄ませる。

 気配は二つあった。

 多分、片方は世斃悪(ぜべいあ)様だろう。もう片方は火群命(ほむらのみこと)様だろうか?

 部屋へ戻る道のりで、確実にどちらか片方に会うはめになってしまう。世斃悪(ぜべいあ)様には会いたくないけれど、どちらの気配がどちらのものなのか分からない。

 どうしよう。私は走りながら考える。

 やがて、二つの道へ辿り着いた。

選択→←22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.4/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミクミキ(プロフ) - ぱるむのお部屋さん» ありがとうございます!励みになります (6月30日 21時) (レス) id: bce403cc8a (このIDを非表示/違反報告)
ぱるむのお部屋(プロフ) - たまうさかわいい〜イラストもとてもかわいくて素敵ですね!これからも頑張ってください! (6月30日 20時) (レス) id: 0955046302 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミクミキ | 作者ホームページ:http  
作成日時:2022年6月27日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。