占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:77 hit、合計:168,147 hit

・41・ ページ14

私は気づくと中央広間に1人で立っていた。
……みんなバラバラにされた。



「けっ、小娘1人かよ」



背後から殴りかかられ、それをバク転で避けて背中の帯から刀を抜くと同時に腕を叩き折った。



「ガっ……!?」


『安心して下さい。これは逆刃刀ですから骨折くらいで済んでます。』


「このガキ……!!」



一斉に私に襲いかかる。
……そんな事通用しないのに。




攻撃をかわしながら逆刃刀でうなじや
みぞおちを突いて気絶させていく。




『小娘だからと舐めないで下さい』

「ハハッ、流石雄英生徒だなァ……」



ぱちぱちと拍手が聞こえ、振り返ると
さっきの顔に手がついている人がいた。



シャキンッと刀を向けた。



『…貴方が親玉ですね。今すぐここから立ち去るか降参して大人しくして下さい。乱暴事は避けたいので』


「目的を果たしたら帰ってやるよ」


『目的が達成出来ると思いで?…貴方達にオールマイトは殺せません』


「いや、出来るさ。それに俺たちの目的はそれだけじゃない」





まだ、目的があると言うの?
私が睨みつけると男はニタァっと目を細めた。

・42・→←・40・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (174 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
630人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

稲荷神(プロフ) - あの、ちゃっとしたアドバイスなんですけど自分だけこんな幸せでいいのかみたいな罪悪感をちょいちょい入れてくれるた方が個人的にいいです。さくらもちさんの作品ですから全然断っていただいても大丈夫です! (2月17日 0時) (レス) id: 1d66bb4671 (このIDを非表示/違反報告)
蒼の火(プロフ) - ありがとうございます!嬉しいです!早速読んできます! (1月27日 15時) (レス) id: fc1edbfbf6 (このIDを非表示/違反報告)
さくらもちのねこ(プロフ) - 蒼の火さん» コメントありがとうございます!2つとも番外編として書かせて頂きます(*´∀`*) (1月27日 7時) (レス) id: aa6786d7b1 (このIDを非表示/違反報告)
蒼の火(プロフ) - 初コメ失礼します!甘えん坊な環君がみたいです!後、2つ目がOKなら寂しがり屋な環くんも見たいです! (1月26日 23時) (レス) id: fc1edbfbf6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらもちのねこ | 作成日時:2020年1月19日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。