占いツクール
検索窓
今日:61 hit、昨日:376 hit、合計:258,225 hit

13P ページ13

一人で食べるなら適当なもので良いかなってなるけれど、大切な人に食べて貰えるならと張り切って作った夕飯が大変喜ばれた。

「包丁捌きも4歳とは思えない…!味付けも濃すぎず丁度いい…このカレー、とっても美味しいよ!」

『えへへ…そんなに褒められると照れちゃう』

向かいの席に掛けながら食べているけれど恥ずかしくてごにょごにょ話してしまう。
中身が二十代後半とも言えないのでよくご飯を作るお手伝いをしていたという事にして貰った。


(誰かの為に作るごはんっていいな…、こんなに喜んでもらえて凄く嬉しい。これからがんばろっと)


そう思いながら私も沢山褒めて貰えた夕飯を美味しく食べた。



ーーー




次の日から体も適度に動かした方が良いと思い、日中は散歩をしつつ、休めそうな木陰があればそこに座って父から借りた本を読むことにした。

たまたま通りがかった小川の側に丁度木陰ができていたのでそこに腰掛けると、夏の強い日差しをしっかり防いでくれているお陰で適度に涼しく心地良い。


(なんだかこんなのんびり一人で散歩して読書するの凄く久しぶり…楽しいなあ)


普通の4歳の子なら近所の子達と遊んでいると思うけれど、生憎中身がそうではないので積極的に近所の子達とお友達になりたいとは中々思えない。同じ歳の子達と同じように楽しむ事が出来ないからだ。きっと鬼ごっことかしても楽しそうに遊んでいる姿を見守っていたいと思ってしまうし。

ほんの少しだけ一人の時は寂しいけど、父と居られる時間は何よりも幸せだから昨日の夕飯の事を思い出してふふっと笑った。









「…なにひとりで笑ってんだ、バリア女」

『あれ、かっちゃんだ』

「おまえに名前教えたおぼえねーんだけど」


木陰に座っていたら昨日のいじめっ子代表ことかっちゃんが現れた。虫網を持っているからこれからカブトムシでもとりにいくのかな。そして相変わらず不機嫌そうな顔をしてる。


『…出久くんから聞いたの。かっちゃんって。可愛いあだ名だね』

言いながら本を閉じて立ち上がりつつ、スカートに付いた砂を払ってにこにこ笑う。
すると不機嫌そうな表情のままぷいっと顔を逸らされてしまった。


『? かっちゃん?』

「…勝己」

『勝己くん?』

「…そうだよ」

『わかった。よろしくね、勝己くん。私の名前はね』

「Aだろ。…デクが言ってるのきいてた」

『うん、正解!』





.

14P→←12P



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (160 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
495人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 逆ハー , トリップ   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なさ(プロフ) - 夜月 零夜さん» コメントありがとうございます!まだまだ未熟者ですが頑張ります!! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
なさ(プロフ) - ありささん» ありがとうございます!とっても天然な主人公ちゃんですが気に入っていただけて嬉しいです!ありがとうございます!頑張ります! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
なさ(プロフ) - レーナさん» 返信昨日ある事に今更気付きましたすみません…!応援ありがとうございます!頑張ります!れんこん! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
夜月 零夜 - 面白かったです!更新頑張ってください!! (2月7日 16時) (レス) id: 3da7626fa3 (このIDを非表示/違反報告)
ありさ(プロフ) - すごく面白い!主人公ちゃんが可愛い!頑張ってください! (2月5日 23時) (レス) id: 171cb6aee9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なさ | 作成日時:2020年1月29日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。