占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:46,625 hit

#69 ページ26

【亜嵐 side】




亜嵐「よいしょ、」








タクシーからAの華奢な体を抱き上げた









『んん…、』








Aの腕が俺の首筋に回る









亜嵐「……」





ダメだ。
俺は今夜理性を保たなくてはいけない。















カチャン。





静かに鍵を回し部屋のドアを開ける




相変わらず寝てるのか起きてるのかわからないAを支えながら寝室へ向かった。





ベットにそっと寝かせてサイドランプを小さくつけた




ランプに照らされたAの鼻筋がやけに色っぽくてでも可愛くて









愛おしい









またこんな感情が湧いてくる





そっと出しそうになった右手を慌ててしまう。



そしてその手でケータイを取り出す









亜嵐「玲於何してんだよ」




電話でも掛けてみようかと腰を下ろしていたベットから立ち上がる









亜嵐「っ、」









俺の服の裾をAの左手が掴んでいる








亜嵐「勘弁してくれ、、」







俺はこんなに理性抑えてんのにそんなんされたら俺の努力水の泡だろ






『行か…ないで…?』







俺を玲於と間違えてるんだろうか







そっとベットに体勢を戻し、恐る恐る右手をAの頬に近づける








頬をなぞる右手が少しずつ熱を帯びて


怖くなって手を引いた






Aの左手は相変わらず俺の服の裾で







『なんにも……知らないの』







そうつぶやく。

きっと寝言とかなんだろうけど

彼女の顔は確かに辛そうで







亜嵐「大丈夫。俺がいる」







その一瞬でもいい


俺がこいつを助けてやりたい


そう思ってしまった

#70→←#68



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (75 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
367人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 佐野玲於 , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まゆ - めっちゃくちゃ面白いです!れおも亜嵐も好きなのでもう最高です。(^◇^)更新頑張ってください!楽しみに待ってます(゚ω゚) (12月28日 0時) (レス) id: 2ef4367958 (このIDを非表示/違反報告)
はるまき(プロフ) - kotoneさん» ありがとうございます!ネタを練り込んで早めに更新頑張ります! (12月17日 0時) (レス) id: 0e32050011 (このIDを非表示/違反報告)
kotone(プロフ) - 更新、楽しみに待ってます(*^^*) (12月16日 1時) (レス) id: 8703134089 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はるまき | 作成日時:2016年11月22日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。