占いツクール
検索窓
今日:137 hit、昨日:149 hit、合計:59,595 hit

Memories of MIMOSA ページ9

それからまた数日して、
やはり昼クローズの後、窓の外に彼を見かけると


ドアを開けて


「いらっしゃいませ。」


微笑み、声をかけた。


ミモザの枝が風に揺れる。


彼は声を出そうとして一瞬躊躇ってから


「あー、ぼく、のめません、コーヒー、

よいかおりだとおもってます。

ごめんなさい。」


ゆっくり紡ぐ言葉。


「大丈夫ですよ、ココアはお好きですか。」


それに瞳がぱっと輝く。


クローズの時間、カウンター越しに話を聞くと
彼は拙いながら必死で話をしてくれた。


この街で逢いたい人がいること。
手段は、待つしか無いこと。


そして自分には期限があること。


ココアを飲みながら人懐こい笑顔を見せる彼を見ていると
もし息子がいたらこんな時間を過ごせていたのかもしれないなと、ふと思った。



「ここで、はたらきたいです。」



急に真剣な表情で頭を下げる彼に
返事は決まっていた。



それから暫くしたある日
どうしようもなく嬉しそうに
彼女の手を引いて店に入って来た彼の姿が嬉しくて今も鮮明に覚えている。





ー やっと逢えた2人に
私は、何か出来ないのだろうか。ー








「テヒョンくん、もうすぐ、ここミモザが開店30周年って知ってる?」



突拍子なく響く明るい声に
はたと我に返る。



「30、はじめてしりました。すごい。」


テヒョン君の声が大きくなる。


「そうなの、すごいのよ〜、だから皆でお祝いしなきゃね!ほら、ジョングクくんのお疲れ様会も一緒に!
ねっ、オーナー。」


そして" ミモザの看板娘 "の明るい声に、
オーナーはこっくりと頷いたのだった。




............................................................................




「みさとさん、
アメリカンコーヒー、いれました。」



その低く穏やかな声に現実に戻る。



「あっ、はいはーい、お、綺麗な色。」



白いカップになみなみと淹れられた
薄い飴色を見つめながらトレイに載せて



その時

からん、からん、


ベージュ色のスーツ姿の女性が入ってきて
纏う空気に不思議と目がとまる。


かと思うと
いつの間にかすぐ背後にジョングクくんがいて


おっと近いぞと立ち止まると


「なにをきかれても、はぐらかしてください。」


耳打ちされる。
耳元で、それはもういい声で。



みさとはいつものトーンで
「いらっしゃいませー。」と言い
いつもの顔でアメリカンコーヒーを運んだ。



.

会いたいときに会える今→←Memories of MIMOSA



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (179 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2437人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , テヒョン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽるこ(プロフ) - ミキさん» 返信が大変遅くなりました!ミキさん、ありがとうございます!更新すると温かいコメントを届けて頂き、惚れそうです。笑 プライベートがひと段落ついたら後はストップ無しでエンディングまで書きます。どうか最後まで見守って下さい! (9月23日 21時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)
ミキ(プロフ) - うわぁ〜、また想像を掻き立てられる…(笑)。主人公ちゃんが、真摯に自分の想いを伝えようとしているところに何だかじわっと胸にくるものがありますが、テヒョン君は思わず抱きしめたくなっちゃったのですね!じんわりとドキドキの両方をありがとうございます♪ (9月16日 0時) (レス) id: be38181257 (このIDを非表示/違反報告)
ぽるこ(プロフ) - 10969さん» そうなのです。昨日で丁度1年でした。こんなに長く書いてるなんて…驚きです。1年経ったことを気付いて下さるなんて、そして温かいお言葉を添えて頂けて、じいんときております。こちらこそ、感謝致します!色をさす、とはなんと素敵なお言葉でしょう。幸せです。 (9月12日 14時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)
10969(プロフ) - このお話を書かれ始めてから、今日で一年なんですね。いつもぽるこさんの綺麗すぎる描写に憧れに近い気持ちで読ませていただいています。素敵なお話で癒やしてくださって、生活に小さな色を指してくださってありがとうございます。このお話に出会えたこと、感謝します。 (9月11日 22時) (レス) id: 6d03a2257a (このIDを非表示/違反報告)
ぽるこ(プロフ) - たきゆさん» お母様絶対絶対可愛い筈です。可愛いだけでは無い面もあるかもしれませんよね。これからの展開、見守ってくださると思うと百人力で突き進めます。コメント、ありがとうございます! (9月8日 23時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽるこ | 作成日時:2019年8月25日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。