占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:121 hit、合計:59,780 hit

2 ページ7

「優しいね。おばあちゃんやお母さんをがっかりさせたくなかったんだよね。」


「…そうじゃないけど、」



待ち合いのソファーで雑誌を読む母親をちらちら気にしながら呟く
そのぽってりとした小さな唇に、主張しない薄いピンクをのせていく。
もとの唇の色に似た色を選んだ。


「私も紫が1番好き。一緒だね。」


通常のオープン時間になり、BGMが流れ始める。
今日はボサノバだ。


「ほら、お着物ももっと素敵になったよ。」


その声に鏡を訝しげに見た少女の目がみるみる大きく開いていく。
目尻に向けて淡くのせられたアイシャドウ。

黒の着物がぐっと華やかさを増した。


「カナコちゃんが選んだ紫、とても似合うね。
七五三、おめでとう。」


「…あっありがとう!」


急に大きな声で言って、おかあさん見て!と小走りで母親の元へかけていった。


お客さんに挨拶した流れで側に来た店長が「やったな」と笑いかける。



カナコちゃんはご機嫌で手を振りながら店を出て行った。
そんな娘を見ている母親の方がもっと嬉しそうだった。


そしてそれを見送るAは幸せだった。


その人だけの綺麗を作る時間。
鏡を見たその目が輝く瞬間。


私はこれを見続けたい。
その為に今、1番大事なことを、私はする。



車が見えなくなってAは、深く呼吸をする。
よし、大丈夫。ふらつかない。





これが私の夢だから。


これが私の幸せだから。



見失わない、絶対に。





.

Memories of MIMOSA→←これが私の夢だから。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (179 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2440人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , テヒョン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽるこ(プロフ) - ミキさん» 返信が大変遅くなりました!ミキさん、ありがとうございます!更新すると温かいコメントを届けて頂き、惚れそうです。笑 プライベートがひと段落ついたら後はストップ無しでエンディングまで書きます。どうか最後まで見守って下さい! (9月23日 21時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)
ミキ(プロフ) - うわぁ〜、また想像を掻き立てられる…(笑)。主人公ちゃんが、真摯に自分の想いを伝えようとしているところに何だかじわっと胸にくるものがありますが、テヒョン君は思わず抱きしめたくなっちゃったのですね!じんわりとドキドキの両方をありがとうございます♪ (9月16日 0時) (レス) id: be38181257 (このIDを非表示/違反報告)
ぽるこ(プロフ) - 10969さん» そうなのです。昨日で丁度1年でした。こんなに長く書いてるなんて…驚きです。1年経ったことを気付いて下さるなんて、そして温かいお言葉を添えて頂けて、じいんときております。こちらこそ、感謝致します!色をさす、とはなんと素敵なお言葉でしょう。幸せです。 (9月12日 14時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)
10969(プロフ) - このお話を書かれ始めてから、今日で一年なんですね。いつもぽるこさんの綺麗すぎる描写に憧れに近い気持ちで読ませていただいています。素敵なお話で癒やしてくださって、生活に小さな色を指してくださってありがとうございます。このお話に出会えたこと、感謝します。 (9月11日 22時) (レス) id: 6d03a2257a (このIDを非表示/違反報告)
ぽるこ(プロフ) - たきゆさん» お母様絶対絶対可愛い筈です。可愛いだけでは無い面もあるかもしれませんよね。これからの展開、見守ってくださると思うと百人力で突き進めます。コメント、ありがとうございます! (9月8日 23時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽるこ | 作成日時:2019年8月25日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。