占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:24,507 hit

20 ページ20

あ「こんな私を好きになってくれてありがとね。でも、亮ちゃんは大事なお友達、だからこそそんな中途半端な気持ちで付き合えない、、たぁくんのことが好きなのに亮ちゃんと付き合うなんて、亮ちゃんに失礼だもん、、」



亮「じゃあ完全にAの気持ちを俺に向けさせればええねんな?」



ん、、?



あ「私が亮ちゃんのことを好きになればってこと?」



亮「そう笑」



あ「ふふ笑」



亮「でも大倉にはかなわんかなぁ」



あ「でもたぁくん彼女いるからね、、笑」



亮「ならもう尚更俺にしときって!笑」



あ「中途半端な気持ちじゃ亮ちゃんに失礼なのー!笑」



亮「ほんまに大倉のこと好きやねんな笑。でもそれと同じくらい俺はAのことが好きやで」



あ「私なんかのどこがいいの笑」



亮「A以上にいい人おらへんよ」



あ「わたしなんか底辺の中の底辺だわ」



亮「何言うてんねん笑」



あ「事実。笑」



亮「あ、てかさ、その珠蘭?ってやつの家やばいらしいな」



何がやばいんだろ、、


あ「なにがー?」



亮「さっき誰かが話してたの聞こえてきたんやけど、権力でなんでも押さえつけてるらしいで。大倉のことも脅して、無理やり付き合わされたんやって」



え、、たぁくん、、



あ「そーなの、、?」



亮「そんときに人質に取られたっていうか、脅しに使われたのがAやって」



ん、、?どゆこと、、



亮「断ったらお前の大事な幼なじみに手出すって」



あ「うそ、、」



私のせいでたぁくんが、、
無理やり付き合わされてるの、、?



あ「私のせいでっ、、グスッ」



亮「Aのせいとちゃうよ。」



あ「私が幼なじみじゃなければたぁくんは無理やり付き合わされなくてすんだのに、、」



亮「そんな自分責めんなよ、、」



あ、、まって、、そーいえば、、



あ「たぁくんちって、、大倉食品じゃん、、」



大倉食品と東山食品ってどっちが上なんだろ、、



亮「えっ!?大倉食品、、?」



あ「うん」



亮「確か東山食品より大倉食品の方が上やで、、?」



珠蘭ちゃんはそれを知らんのや、たぶん。
珠蘭ちゃんの家族も知らんのやな。



あ「大倉食品の長男と東山食品のお嬢様が付き合ってるって、、なかなかカオスやな、、笑」

21(大倉side)→←19



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (31 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
159人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義 , 恋愛   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽにょ(プロフ) - この作品を書いていたアカウントにログインできなくなったため新垢を作ってそちらで続きを書いています。このコメントの名前のところをタップして頂ければ、プロフィール?のページに飛べると思うので、そちらから続きを読んでいただけると嬉しいです! (3月13日 18時) (レス) id: 2b4fc5b920 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽにょ | 作成日時:2019年9月3日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。