占いツクール
検索窓
今日:592 hit、昨日:510 hit、合計:149,856 hit

第1話 弟と僕は死んでも一緒 ページ2

『でさ明日クラスでトランプ大会やることになったの、夜月もでる?』

夜月「言い出しっぺは佐藤かな。」

『あたり。』

なんもへんてつもないいつもどうりの日常だったと思う。

いつもどうりに学校行って授業受けて友達とふざけあって夜月と一緒に家に帰る。

今日はテストが終わったばかりだから雑談しながら駅前のカフェでお茶しようって提案した。

クラスでトランプ大会やるだの先輩にいたずらするだのけっこうしょうもない話をしていた。

『カフェにパンケーキあるかなぁ?』

夜月「あるんじゃない?僕はタルト食べたい。」

『いいね。』

ちょうど、交差点にさしかかったとき。

なんか、あたりが少し騒がしく感じた。

『……………………ねぇ、なんか騒がしくない?』

夜月「…………………確かに……………なんかあったかのかなぁ?」

僕と夜月は、あたりをあまり見渡さなかった。

次の瞬間。

夜月「……………!?美雪!!危ない!!」

『…………え?』

夜月が僕を抱き寄せた瞬間。

体全身が痛みに襲われた。

『…………………!?いっっつ………………………!!………………………よ……………………夜月………………!?』

熱い。

全身が焼けるように熱い。

痛い。

痛い。

視界は歪んで見えにくい。

夜月「………………大丈夫、…………………こ……こに…………いるよ………………美雪……………。」

いる。

夜月はここにいる。

しっかりと抱きしめられている感触がある。

僕も夜月を抱きしめる。

耳からは、夜月と僕の息の音と人々のざわめく声。

「キャァァァァァ!?」

「飲酒運転の車が子供にぶつかった!!」

……………飲酒運転なんてひどいなぁ。

しっかり周り見てれば、助かったかなぁ?

あ…………………もうだめ。

意識がやばいなあ。


『………………夜月………。』









夜月「…………………………………美雪………。」









僕らは…………………。



『「“僕らは一心同体。死ぬときも一緒。」』

第2話 知らない森の中→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (177 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
481人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 勘違い , 成り代わり
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

dollproject - 梨紗さん» ご指摘ありがとうございます。 (1月13日 18時) (レス) id: e1271fff03 (このIDを非表示/違反報告)
梨紗(プロフ) - 5話の長谷部の「主名とあらば」となっていますが、主命の間違いなのではないでしょうか?こちらが間違っていたら申し訳ございません (1月8日 19時) (レス) id: 1baf6f1228 (このIDを非表示/違反報告)
dollproject - 架印靴気» ご指摘ありがとうございます。 (10月12日 2時) (レス) id: e1271fff03 (このIDを非表示/違反報告)
架印(プロフ) - 35話、鈴蘭さんのセリフで誤字がありました。“きすいたこと”此処は“気付いた事(きづいたこと)”ではないでしょうか。 (10月10日 21時) (レス) id: cb6e7377c2 (このIDを非表示/違反報告)
dollproject - 凛々さん» 見て下さってありがとうございます。確かに短刀の出演回数多いですよね。(^^;)後々打刀や太刀などの方々も出す予定です。 (10月4日 0時) (レス) id: e1271fff03 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:dollproject | 作成日時:2019年5月19日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。