占いツクール
検索窓
今日:293 hit、昨日:701 hit、合計:106,353 hit

119 ページ19

そんなくだらないやりとりをしていると、
玲於の携帯が鳴った。

ごめんと言いながら、電話に出た。

「もしもし、あーうん、来週ね!いいよ」

それから数分、楽し気に話して電話を切った。
誰だろう?

「あーカラ?新しいの持ってくる」

私のお酒を取りに行く玲於を引き止めた。

「ねぇ」
「ん?」
「今の…だれ?」

メンバーとはまた違う親しい話し方に、胸がざわついた。

「俺らのヘアメイクやってくれてる人」
「…男?」
「女だよ?」

わざわざ、プライベートでも
連絡をとる仲なの?

ヒカリちゃんの事がスッキリしたかと思えば…

「長い付き合い…?」
「んー三年くらいかな?あ、そだ!ちょうど、Aがイタリア行ったくらいだ!」

へ、へぇー!
ダメだ…上手く笑えない。

玲於のことが好きすぎて、ドス黒い感情が湧いてくる。

面倒な女だって思われたくないのに…
彼女は私なのに、なんで胸を張れないんだろう…

もちろん玲於の周りには、綺麗な人がたくさんいるのは重々承知。
だけど…、

「A?」
お酒を取りに行くのをやめて、私の目の前にしゃがみ込む。

「プライベートまで連絡とるの?」
「え、まぁ…うん。仲いいから」

私だって、職場にマサとリョウがいるし、
人の事言えない。

「飲みにいくの?」
「うん、二人じゃないよ!メンバーも何人かいる」
「…よく行くの」
「前は多くて週一で行ってたかな?Aが帰ってくる前な」
「二人?」
「の、時もあったよ」

なんだろう、このざわつきは。

「やだ?」
「ううん」

仕方ない。付き合いも仕事のうち。
私が制限していいものじゃない。

「あっ!Aもおいでよ!」
「…いつ」
「来週の火曜日!」
あーダメだ。

「その日は、マイコさんと久々に会うの…」
「そっか…んじゃ今度紹介する」

それってこれからも、その人と飲む事があるってことよね?

「楽しんでね」
「ありがと、Aもね」
ワシャワシャ頭を撫でて、お酒を取りに行く。

精一杯の笑顔を張り付けて、
玲於がいなくなった瞬間、笑顔は消える。

自分で選んだ事なのに、
私に会えない間の玲於を知ってるその人に、嫉妬が止まらない。

「てか、いつから一緒に住もっか」
明るい玲於が今は憎い。

きっと玲於からすればなんてことないこと。

だから大丈夫。
永遠だって誓ってくれたんだから。
何も恐れることなんてない。

「来月くらいかな?」
「たのしみだね!」

玲於の優しさを、独り占め出来るのは私だけだよね?

120→←118



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (227 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
604人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆーり - 最後までめちゃくちゃ面白かったです♪切なくなったりキュンキュンしたり本当に最高でした!次の作品も絶対に読みますね。お疲れ様でした! (1月8日 23時) (レス) id: 8cb08efa43 (このIDを非表示/違反報告)
りなg(プロフ) - 完結おつかれさまです!2人のラブラブな感じも良かったけど、4人でワチャワチャしてるのも好きでした!(^^)!オフィスラブ...。好きです(笑)自作も楽しみにしてます! (1月8日 20時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)
りなg(プロフ) - やっと解決したー!!2人のラブラブな姿を見たいですね!(^^)!更新楽しみにしてます! (12月25日 1時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)
みお(プロフ) - 亜嵐からのお話は仲のいい2人に影響ない話題でありますように(≧▽≦) (12月11日 21時) (レス) id: 3dd427fe94 (このIDを非表示/違反報告)
matsuri(プロフ) - めあさん» コメントありがとうございます☆更新速度上げられるように頑張ります(T_T) (12月10日 17時) (レス) id: 92d72416b1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:matsuri | 作成日時:2019年11月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。