占いツクール
検索窓
今日:295 hit、昨日:701 hit、合計:106,355 hit

101 ページ1

どうせ帰っても、眠れない。
邪魔とわかっていながら、隼とヒカリがいる飲み屋にやってきた。

「え!玲於!?」
「どうしたの!?」
隼とヒカリが目を見開き驚いている。

「…男に抱きしめられてた」
「「え!?」」
まぁ座りなって隼が隣をあけてくれた。
小さな隠れ家のような店。客は俺たちだけ。


「浮気…されちゃったの?」
「隼!」
「あっごめん…」
浮気…かぁ。

「で、でもさ、彼氏が仕事で忙しい中浮気って…Aさんひどく、」
「Aの事悪く言うな」
ヒカリの言葉を遮り、自分でも驚くほど冷たい声がでた。

しーんとなる。

そうだよ、Aは悪くない。
俺がもっと気にかけてやれてれば…

「浮気はしてない、あいつはそんなやつじゃない」
冷静に考えればわかる。

ただ、かぁーっと頭に血が上ったあの瞬間に
冷静に物事をみることなんて出来なくて。

一番の不安要素だったマサに抱きしめられてるのを
この目に捉えればもう、罵倒しか出てこなかった。

誰の女に触れてんだよってあいつに言えばよかったんだ。

だけど、怒り悲しさ全部Aにぶつけて…俺なにやってんだ。

「ごめん…玲於」
「ヒカリ…俺もごめん」
「で、別れてきたってわけ?」
うん、別れてやるくらい思ってあいつを置いてきた。

でも、

「別れてない」
別れよう…その一言だけは、どうしても言えなかった。

隼が驚いてる。なんだよ聞いといて。

「んじゃなんでここきたの?」
「頭冷やそうと思って」
付き合っていけないなんて、せめてもの言葉を落としてきただけ。

付き合っていけないなんて嘘。
だって俺もうお前がいないとかありえない。

「忙しさにかまけてちゃんと見れてなかったあいつのこと」
「同じ過ちは犯しちゃダメだよ」
隼が優しい目で俺を見てる。

きっとヒカリの時みたくなっちゃうよって言ってる。
こいつは俺の一番の理解者だから…

「でも、今更なんて仲直りすればいいかわかんない」
「素直になりなよ!玲於が!」
ヒカリの真っ直ぐな目。


「会いたいな…」
「それ!それ言いなよ!ね?ヒカリ!」
「うん!電話しなよ!」
「…あいつに嫌われたかも……」
「「ネガティブ…」」
「だって結構暴言吐いちゃったんだよ俺!」
「あぁもう!わかった!俺に任せて!」
「は!?」
「いいから!」
「不安しかねーよ…」

けど、もう藁にも縋る思いで、隼を頼る。

だって、Aに顔も見たくないとか言われたら
俺もう立ち直れない…

102→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (227 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
604人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆーり - 最後までめちゃくちゃ面白かったです♪切なくなったりキュンキュンしたり本当に最高でした!次の作品も絶対に読みますね。お疲れ様でした! (1月8日 23時) (レス) id: 8cb08efa43 (このIDを非表示/違反報告)
りなg(プロフ) - 完結おつかれさまです!2人のラブラブな感じも良かったけど、4人でワチャワチャしてるのも好きでした!(^^)!オフィスラブ...。好きです(笑)自作も楽しみにしてます! (1月8日 20時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)
りなg(プロフ) - やっと解決したー!!2人のラブラブな姿を見たいですね!(^^)!更新楽しみにしてます! (12月25日 1時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)
みお(プロフ) - 亜嵐からのお話は仲のいい2人に影響ない話題でありますように(≧▽≦) (12月11日 21時) (レス) id: 3dd427fe94 (このIDを非表示/違反報告)
matsuri(プロフ) - めあさん» コメントありがとうございます☆更新速度上げられるように頑張ります(T_T) (12月10日 17時) (レス) id: 92d72416b1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:matsuri | 作成日時:2019年11月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。