占いツクール
検索窓
今日:636 hit、昨日:510 hit、合計:52,792 hit

ページ10

Matsumura




慎太郎「 んだよこれ!!」


北斗「 は、?第二カトレア学院……?」




馬鹿田高校の看板がなくなって、そんな名前の看板に置き換えられている校門

一昨日だか昨日だかに挨拶しに来てたけど、ろくなやつらじゃねーな。




ジェシー「 うげっ、マジかよ…… 」




変わり果てた校舎にみんな開いた口が塞がらない




「「 ごきげんよう 」」


慎太郎「 はぁ?」


文恵「 新しい教室、気に入って頂けたかしら?」


樹「 なんだこの机!!」


慎太郎「 おい、俺らの机どこやった 」


文恵「 あれなら捨てました 」


沙耶「 綺麗な机の方がいいでしょう?」


慎太郎「 よくも勝手なことしやがって!!」


優吾「 ふざけんじゃねーぞ!!」




怒鳴り散らすと、甲高い悲鳴を上げて縮こまる女達

イライラが収まらず、俺もなにか言おうとした時




「 ちょっとー、いじめてんの?」


北斗「 は、A?」


「 ごきげんよう。……だっけ?」




女達の挨拶を真似て、スカートの裾を持ち上げて首を傾げるA




大我「 なんでAがここにいんだ!?」


「 へへ、転校です 」


慎太郎「 ま、おま、先に言えよ!」


「 ……慎太郎には昨日言ったはずなんだけど 」


樹「 お前ちゃんと聞いとけよ!」




俺らが唖然とする中、向こう側にいた女の一人がAをキラキラした目で見つめてる




「 昨日ぶり!」


小百合「 っA!」




俺らと女達の間で抱き合う2人

教室に謎の空気が漂う




小百合「 これから同じ学校なの?嬉しい、毎日会えるね 」


「 さゆりんがいなかったら来てなかったよ 」


小百合「 お昼ご飯、毎日一緒に食べようね!」


「 うん、そうしよう(笑)」




お嬢様とヤンキー少女

接点はなんだ?
“ さゆりん ” って名前は何度か聞いてたけど、Aと同じヤンキー少女だとおもってたし。




文恵「 小百合、そちらの方は?」


小百合「 A。この辺に住んでるんだよね?」


「 そう。この人の家族と一緒に 」


小百合「 え、このヤンキーと?」


「 うん 」


小百合「 なんで教えてくれなかったの 」


「 聞かれなかったから 」


小百合「 ……………聞いても教えてくれないくせに 」




急に不貞腐れたのか頬を膨らませてそっぽを向いた

どうせAのことだから、自分の過去を言うのが怖いんだろうな。

◎→←◎



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (192 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
724人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , ジャニーズJr , 私立バカレア高校   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

にゃんザクラ - 更新頑張ってください! (5月15日 22時) (レス) id: f89000f261 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:李苺 | 作成日時:2019年5月8日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。