占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:26 hit、合計:48,991 hit

2−4 ページ23

貴女「・・・悪いね。保険かけといて、本当・・・良かった。」









・・・まずいな。









傷がまだ塞がらない。









貴女「じゃあ、もう一仕事。“ソレ”、持ってってね。」









山崎「だが、君を置いていくのは・・・」









貴女「“ソレ”を運ぶのが、君の仕事。君にしか、頼めない。

  それに・・時間もない。」









血が止まらないのが怖い。









こんな感覚、いつ振りだろう。









もしかしたら初めてかもしれない。









貴女「新選組のために、頼むよ。」









山崎「・・・わかった。」









新選組のために、というのがきいたのかもしれない。









あるいは、僕の心でも見透かしたか。









伊東の死体を担ぎ上げている。









貴女「・・・悪いな。こんなこと・・・頼んで。」









山崎「いや、新選組のためにならなんてことはない。」









貴女「・・・さすが、忍者君。」









見上げた忠誠心だ。









あんなふうに、まっすぐ信じるもののために生きてみたかった。









貴女(・・・どうも、そんな時間はなさそうだけどな。)









彼がいなくなったのを確認してから傷口を見る。









どーにも無理そうだな。









身体中の感覚が鈍っていく中、頭だけが妙に冴えていた。




::::::::::::::::::::::::::::::::::
分岐点 AorB

あなたはどちらを選びますか・・・?

2−A 1→←2−3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
96人がお気に入り
設定キーワード:薄桜鬼 , 暗殺者 , BadEnd
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

朧 龍 - 40000hitいきました、ありがとうございます! (11月7日 20時) (レス) id: 345339f75a (このIDを非表示/違反報告)
朧 龍 - 20000hitいきました、ありがとうございます! (2018年1月17日 0時) (レス) id: b9ef8b0095 (このIDを非表示/違反報告)
朧 龍 - 10000hitいきました、ありがとうございます! (2016年3月27日 23時) (レス) id: 3eb883c0b1 (このIDを非表示/違反報告)
朧 龍 - 弓 桜さん» じゃ、楽しみにしてる。(ニコッ)(by主人公) (2016年3月18日 0時) (レス) id: 3eb883c0b1 (このIDを非表示/違反報告)
弓 桜(プロフ) - 朧 龍さん» 難しいなぁ...まぁ、それなりに努力はさせれもらうからね? (2016年3月18日 0時) (レス) id: 0a89ab9577 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朧  龍 | 作成日時:2015年5月26日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。