占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:4 hit、合計:12,492 hit

澪vs爛〜覚悟〜 ページ6

〜爛視点〜


「澪……ロストギアって……!」




「このカードと輝と書いた本のおかげで……思い出した


いえ…正確には記憶が戻った、というべきね




ロストギア


その強大な力は自らを犠牲にして手に入るもの……


使えば使うほど身体の機能は失われる



そしてロストギアの最大威力を引き出せばどうなるか……


分かるでしょ?爛…」





澪が自分の体からカードを出現させたときから私のロストギアに関する記憶が徐々に思い出されていた






「…そん…な……」



「まあ…私や爛はロストギアに関する記憶を失っただけで済んだようだけど」




私と澪と輝の3人で戦っていた時も最後には輝がロストギアの力を解放させていた……





「澪も……輝と同じことをするつもり…?


ロストギアの力を…解放させて…」




私は声の震えを隠しきれないまま問う



「輝と同じ……


目的は違うなれど……そういうことね


私のもとに戻った4枚のカードとロストギアとの力でこの世界を壊し終わらせる…



そして……またやり直す!」







世界を壊し…やり直す……


きっとtimeのカードでまた時間を繰り返すつもりなのだろう



でも……ロストギアを使えば澪は……






いやだ……輝に続いて澪まで死ぬなんて…





「……そんなこと……させない…」



私は決めた





「輝に続いて澪まで……失いたくない!!


だから……!」


その言葉は遮られ続くことはなかった





「…爛に!…何が分かるの?…




……私がどんな思いで輝のために今までやって来たか……分かる…?」




澪の声からは、悔しさが滲み出ていた




「澪……」




「私は…ずっと……輝のためだけに時間を繰り返してきた




最後には世界を壊し…また繰り返す





ある意味儀式みたいなものね…


次に進むための…





爛に…それを出来る覚悟はある…?」







私は…決めたんだ


ここから先には行かせない、と。




「そんなに言うなら……尚更ね






私が澪を止める!




それが私の覚悟」






澪はニヤリと笑った



「私を止めるなんて……無駄なことを


手札だって少ないのに…それで私に勝てる?」



そんなこと…分かってる


だからこそだ





「たとえ…手札が少なくても…勝ち目がなくても…



私は最後まで澪と戦う!」




互いにカードを手にしてプリチェンスキャンにスラッシュした






『プリキュアチェンジ!!』





これが私達の




最初で最後の覚悟の戦い

澪vs爛〜対立〜→←澪vs爛



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
設定キーワード:オリキュア , プリキュア   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ニチアサ大好き(プロフ) - そうですね、ハマったこともあり参考にしたかもしれません (2019年1月31日 20時) (レス) id: 4a4d7842a1 (このIDを非表示/違反報告)
シャルア - まどマギ要素少し入ってません? (2019年1月31日 14時) (レス) id: bb95bf8c78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ニチアサ大好き | 作成日時:2016年6月13日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。