占いツクール
検索窓
今日:278 hit、昨日:667 hit、合計:83,655 hit

如何して? ページ6

太宰side

今日は…というか何時もの事なのだけれども出勤時間を大幅に遅刻した。

まぁ国木田君辺りは「また川に流れとったんかぁぁ!!!!」と怒りそうだけどね。


ってそんな事考えてる場合じゃないか。早く探偵社に向かわないと。





おや?あの信号の所に見えるのAじゃあないか。

「珍しいじゃないか。こんな時間に居るなんて。」

話しかけに行こうか、そう思った私はAちゃんの方へと足を進める。




だが、そこには目を疑うような光景が





「よし、じゃあ乗れ。」

そう云って中也はしゃがんで背中を指さす。

『…はぇ?いや、私重いですから…!』

「あァん?病人を早く連れてくにはこれが1番だろ。」




なんで、Aちゃんが中也と居るの?

もしかして中也の事知っていたのだろうか

何れにしても私が不機嫌になる理由には持ってこいのものだった。


だって、大好きで目に入れても痛くないくらいに可愛いAちゃんと犬よりも大っ嫌いな蛞蝓こと中也が一緒にいるのだよ?


どうやら私はAの事となると単純になるらしい。Aちゃんと中也が話しているだけで嫉妬心が湧いてくるんだもの。

後でAに会ったら問い詰めなければ。

「あーあ。嫌なものを見てしまったよ。これはお仕置きが必要なようだね、…………………Aちゃん。」

普通の熱→←安静に



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (200 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
642人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 太宰治 , ヤンデレ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミレー - 太宰治様との食事最高でしたσ(o・ω・o) そしてお酒に何かを…(´・ω・`)? 続き楽しみに待ってますσ(o・ω・o) (1月15日 17時) (携帯から) (レス) id: a496965e6a (このIDを非表示/違反報告)
momo(プロフ) - 椿さん» 矢張りそうですよね...(-"-)コメントありがとうございます! (12月21日 3時) (レス) id: efa872a088 (このIDを非表示/違反報告)
momo(プロフ) - ミレーさん» 沢山のコメントありがとうございまーす!!太宰さんとお酒と夫婦...ムフフ (12月21日 3時) (レス) id: efa872a088 (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - 太宰さんは確か探偵社の寮に住んでるので和室一部屋…つまりリビングはないですね(´・ω・`) (12月21日 1時) (レス) id: 8e8aa230bd (このIDを非表示/違反報告)
ミレー - 太宰治様となら夫婦になりたいですv(・∀・*) (12月20日 19時) (携帯から) (レス) id: a496965e6a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:御坂 | 作成日時:2019年7月7日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。