占いツクール
検索窓
今日:60 hit、昨日:126 hit、合計:6,802 hit

X ページ1

MG「キムさん、最初はルールも知らなかったみたいだし。全然サッカーに興味なかったでしょ?」

「、、、うん」

だって、サッカー部のマネージャーになんかなる気はなかったのに、無理やりウォヌ先輩に、、、

MG「でもさ、キムさんは一生懸命サッカーの勉強してたよね」

「、、、っ」

MG「教室とかでいつもサッカーのルール本とか読んでた」

、、、それは。
マネージャーになったからには最低限のことは知っておかなきゃって思ったから、、

まさか、見られていたなんて。
、、、まぁ、クラスが一緒だしわかるか。

MG「そんな一生懸命なキムさんを見てたら、いつの間にかいつもキムさんを目で追うようになってたんだ」

ゴクリ、と唾を飲む。






MG「俺、キムさんが好きだよ」






、、、ミンギュくんの言葉が耳から脳内に響いていった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MG「俺、キムさんが好きだよ」

ミンギュくんの言葉に、私は少しの間固まってしまっていた。

「え、、、、、あ」

ウォヌ先輩が好きだって、気づいたばかりなのに。
なんて言ったらいいのかわからない。

MG「今返事が欲しいとは思ってないから、そんな困らないでよ」

ミンギュくんは切なげに笑って言う。

MG「ただ、気持ちを伝えたかっただけなんだ」

「う、うん、、」

なんだから照れくさくて、うつむくと

MG「でも、キムさん」

と、真剣な口調で言われた。

MG「キムさんが俺にオチてくれるように、俺、がんばる」

「、、、っ」

MG「引かないからね」

ミンギュくんはそう言って、私に微笑む。
私はただ顔を赤くして、うつむくことしかできなくて。

そこでミンギュくんとの会話は終わってしまった。
、、、そして、結局、部活に行く気にもなれずに私は家に帰った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日、私は昨日から何度もミンギュくんの言葉の一つ一つを思い出していた。

、、、もしかしたらミンギュくんには私の気持ちなんてお見通しなのかもしれない。

だからあんな宣戦布告みたいなことを言ったのかな、、?

X→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
182人がお気に入り
設定キーワード:seventeen , wonwoo   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

かな - めちゃくちゃ面白いしキュンキュンします!これからも更新楽しみにしてます!頑張ってください! (10月17日 23時) (レス) id: af1154b3c1 (このIDを非表示/違反報告)
Urumi(プロフ) - なぜ注意コメを無視するのでしょうか?黙って外せば良い物を外さなければ、そのうち作品消えますよ。それに失礼です。指摘を受けてるんですから、オリフラをいい加減外しましょう。 (10月17日 6時) (レス) id: 7f786f675d (このIDを非表示/違反報告)
かたつむりん(プロフ) - オリジナルフラグ外してくださいね! (10月14日 22時) (レス) id: f35d15b5f6 (このIDを非表示/違反報告)
寝夢@ノーアル団AHN(プロフ) - オリフラ外した方がいいですよ〜 (10月13日 3時) (レス) id: 671ce60c1e (このIDを非表示/違反報告)
ドリー(プロフ) - オリジナルフラグ外して下さい!違反の対象になります! (10月12日 18時) (レス) id: 5e3261a1cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちごちゃん | 作成日時:2017年10月8日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。