占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:56 hit、合計:31,239 hit

5話 ページ7

貴方「うわぁぁぁ……暇……」


降谷さんはポアロにいったのだ。

今は一人……。


貴方「……ポアロ行こ。驚かれそうだけど。」


ーーーーーーーーーーーーーーー
ポアロ

貴方「安室さ〜ん」


安室「いらっしゃいま……。え?」


目を見開きこちらを見ている。


貴方「暇すぎて死にそうだったので……つい……」


安室「仕方ないですね。鍵、閉めてきました?」


貴方「もちのろんです。」


安室「はぁ。お昼ご馳走しますから。ここに居るといいですよ。」


貴方「ありがとうございます。……一応反省してます。」


園子「安室さんと仲良さそうに話してるわ〜。羨ましい……誰だろ。」((コソッ))


貴方(ん?)


蘭「ちょっと園子〜!コナンくんがいる前でそんなこと……」((コソッ))


貴方「あ、コナンくん!」


園子「え!?ガキンチョ知り合い!?」


コナン「うん。Aちゃんっていうの」


園子「私、鈴木園子って言います!安室さんとはどんな関係なんですか!?」


貴方「え……?…同居人?」


蘭「え!いっしょに住んでるんですか!?」


貴方「うん。」


園子「恋人!?」


貴方「……違うよ?」


園子「えー!美男美女だったからてっきり付き合ってるのかと……!」


安室「ハムサンド出来ましたよ。何の話をしてたんですか?」


園子「安室さん!Aさんと付き合ってないんですか!?」


安室「ええ。彼女とは何も無いですよ。今はね……」


園子・蘭・コナン「え!?」


安室「……冗談です」ニコッ


貴方「ん?何が?」モグモグ


コナン(おいおい……マジかよ。)

6話→←4話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
202人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

明里香(プロフ) - 7話に誤字がありました。「感の鋭い」ではなく、「勘の鋭い」です。 (6月5日 12時) (携帯から) (レス) id: 85d4df75a2 (このIDを非表示/違反報告)
角砂糖(プロフ) - 栖夜さん» そう言って頂けて嬉しいです!今は、もうひとつの作品に集中したいと思います。これで更新を何とか早くしたいものです。(笑) (6月1日 9時) (レス) id: 83d7088b25 (このIDを非表示/違反報告)
栖夜(プロフ) - とても面白かったです!今までお疲れさまでした!新しい作品が出来たなら、すぐ見に行きます!楽しみに気長に待ってみます!今まで更新本当にお疲れ様でした!それでは。 (6月1日 9時) (レス) id: b2beda4449 (このIDを非表示/違反報告)
角砂糖(プロフ) - さちさん、コメントありがとうございます!更新は平日は基本的午後なのでしばらくお待ちください…(,,・ω・,,) (5月21日 7時) (レス) id: 83d7088b25 (このIDを非表示/違反報告)
さち - おもしろいです。続きが気になりました。よろしくお願いします。 (5月21日 1時) (レス) id: 43b8d3401a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:角砂糖 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年5月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。